ホテル・ムンバイ 作品情報

ほてるむんばい

憎しみと悪意を超えた奇跡の脱出劇

ホテル・ムンバイのイメージ画像1
ホテル・ムンバイのイメージ画像2

2008年11月26日、インドの大都市ムンバイ。近郊の漁村に大きな荷物を背負った若者たちが上陸する。5つ星のタージマハール・ホテルの給仕係アルジュンは、料理長オベロイの指揮の下、アメリカ人建築家デヴィッド一家や、ロシア人実業家ワシリーらVIP客の対応に追われていた。その頃、街の複数の場所で武装集団が無差別に爆破や銃撃を始め、命からがら逃げてき人々をホテルは受け容れるが、その中にテロリストたちも紛れ込む。

「ホテル・ムンバイ」の解説

タージではお客様が神様。宿泊客救出に従業員が命を賭けたタージマハール・ホテル襲撃事件に感銘を受けた監督アンソニー・マラスが、共同脚本のジョン・コリーと共に徹底したリサーチと取材を重ね、その実話を緊迫感に満ちたドキュメンタリータッチで映画化した本作。同時多発テロの実行犯たちは、ほんの子どもに過ぎず、貧しさゆえに追いつめられた彼らの不満や怒りを利用して、遠く離れた場所で逐一報道されるTV映像を見ながら指示を出す首謀者の卑劣さが際立つ。シーク教徒の誇りを胸に、家族を愛し、職務に忠実なアルジュンを熱演したのは『ライオン』のデヴ・パテル。他にアーミー・ハマーやアヌパム・カーら国際的な俳優陣も好演。

ホテル・ムンバイのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年9月27日
キャスト 監督アンソニー・マラス
出演デヴ・パテル アーミー・ハマー ナザニン・ボニアディ アヌパム・カー ジェイソン・アイザックス
配給 ギャガ
制作国 オーストラリア=アメリカ=インド(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 123分
公式サイト https://gaga.ne.jp/hotelmumbai/

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

DVD・ブルーレイ発売情報

ホテル・ムンバイ

ホテル・ムンバイジャケット写真
発売日2020年3月3日
価格3,900円+税
発売元ギャガ
販売元ハピネット
型番HPBR-500


【特典】
メイキング集
予告編

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION,ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「Sae」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-26

2008年11月26日夜発生したインド同時多発テロ事件。このメインターゲットとなったタタ財閥タジホテルグループが誇るタージマハル・パレス・ホテルが舞台。その歴史的な建築と世界トップレベルの教育が施された従業員の忠誠心と細やかな心配りは嘘偽りなく、ムンバイの街並みもそのままで観光気分も味わえた。
一般的な米国ハリウッドのアクション映画とは違い、若いイスラム過激派テロリストらが貧しい家族のために志願した悲しみと、洗脳・利用され植えつけられた怒り、長年の植民地支配下で色濃くなったインド人の寡黙な忍耐強さと多神教ヒンズー教からくる謙遜と寛容さ、そして、恐怖に晒された先進諸国からの宿泊客への配慮もバランスよく織り込まれていて、日本人こそ共感・感動できる素晴らしい作品だと思った。

また、予期せぬ嬉しい驚きとなったのが、刈谷日劇の昭和懐かしき小劇場ながらも清潔で暖かい雰囲気。ホットドリンクが無料のセルフサービスで有難い。上映期間が短いが、ホテルムンバイ鑑賞に再度訪れようと思う。

最終更新日:2020-01-25 00:01:08

広告を非表示にするには