わたしは光をにぎっている 作品情報

わたしはひかりをにぎっている

松本穂香主演×中川龍太郎監督

わたしは光をにぎっているのイメージ画像1
わたしは光をにぎっているのイメージ画像2

宮川澪は、20歳。両親を早くに亡くした彼女は、長野・野尻湖のほとりのこじんまりした民宿を祖母と2人で切り盛りし、淡々とした日常を送っていた。しかし祖母の入院を機に民宿を閉めざるを得なくなり、父の親友であった京介を頼って上京し、彼がひとりで経営する都内の銭湯の元で居候をすることになる。職を探すが、都会の空気にうまくなじめない澪は、徐々に銭湯の仕事を手伝うように。映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、銭湯にたむろする常連客達と次第に親密になる澪。銀次の映画を観たり、美琴に飲み会に誘われたりと、東京での日々が少しずつ楽しくなっていく。しかし、区画整理のため銭湯が近いうちに閉店する運命にあることを知った澪は、ある決断をするのだが…。

「わたしは光をにぎっている」の解説

新進気鋭の映画監督・中川龍太郎が、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で脚光を浴びた松本穂香を主演に、若い女性が自力で居場所を見つけていく過程を描いたドラマ。(作品資料より)

わたしは光をにぎっているのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月15日
キャスト 監督中川龍太郎
出演松本穂香 渡辺大知 徳永えり 吉村界人 光石研 樫山文枝
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2019)
上映時間 96分

(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ゆいっち」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-06

中川監督の作品が好きです。ストーリーが周りの景色に相まって美しい。
内容が銭湯が舞台になっていますが私の実家も銭湯を老いてきた両親で営んでいます。いつまでも経営して欲しいのですが体力的に限界のようです。そういう現実の視点から映画を観たらとても切なく感情移入してしまいました。素敵な作品多くの方に観て頂きたいですね。

最終更新日:2019-11-16 00:01:02

広告を非表示にするには