jam 作品情報

じゃむ

北九州の街を駆け抜ける男達の因果応報物語

jamのイメージ画像1
jamのイメージ画像2

刑期を終えたテツオは、自分を刑務所送りにしたヤクザに復讐をするため、カナヅチを持って事務所に殴り込む。横山田ヒロシはおばさま方に人気の場末の演歌歌手。ある夜、熱烈なファンの昌子の差し入れのスープを飲んだ後、意識を失って倒れてしまう。恋人が意識不明のタケルは、自分が善いことをすれば彼女の意識が戻ると信じ、人助けをするために毎日町を車で流していた。倒れたヒロシを見つけたタケルは、昌子の家にヒロシを送るが…。

「jam」の解説

『弾丸ランナー』のSABU監督が劇団EXILEとタッグを組んだ本作『jam』は、両者の魅力が相乗効果を産んだ、疾走感あふれるエンターテインメント作品だ。北九州の町を舞台に、3人の男たちがトラブルに巻き込まれ、それぞれ落とし前をつけていく。うさんくさいアイドル演歌歌手を演じる青柳翔、恋人のために笑顔で人助けを重ねる町田啓太、カナヅチひとつでヤクザたちをなぎ倒した後、祖母を車椅子に乗せ町を彷徨う鈴木伸之。彼らは北九州の寂れた町を、その脚や車で走り抜けていく。青柳演じる演歌歌手の偏執的なファンを演じる筒井真理子の怪演も見逃せない。冒頭からエンドロールの後まで、SABU監督と劇団EXILEの魅力が詰まった作品と言えるだろう。

jamのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年12月1日
キャスト 監督SABU
出演青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 筒井真理子 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平
配給 LDH PICTURES
制作国 日本(2018)
上映時間 102分
公式サイト https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

(C)2018「jam」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-12-08

最初から最後まできちんと見れば「あぁ、なるほど」と納得出来る。ただ、ストーリーそのものがややつまらないので、ストーリーの部分部分を切り取ってみると大した作品ではない。しかし、ストーリー全てを理解すればなかなかのものだと思えた。途中で退屈して居眠りしなければそれなりに楽しめるとは思う。ただ、はっきり言ってバカバカしいストーリーの繋がりを楽しむ作品だけに、バカバカしさを許せない人には向かないだろう


レビューを投稿する

「jam」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-10 16:00:03

広告を非表示にするには