検察側の罪人 作品情報

けんさつがわのざいにん

木村拓哉と二宮和也が、スクリーンで対決

検察側の罪人のイメージ画像1

都内で起きた殺人事件を担当する事になった東京地検刑事部のエリート検事・最上と、彼に憧れる駆け出しの検事・沖野。最上は、すでに時効を迎えた未解決殺人事件の最重要容疑者だった松倉という男に狙いを定める。最上に認められようと、沖野は自白を引き出そうと取り調べるが、頑なに松倉は犯行を否認し続ける。やがて沖野の中に、「最上は松倉を犯人に仕立て上げようとしているのでは」との疑問がわくのだった…。

「検察側の罪人」の解説

木村拓哉と二宮和也が、ついに映画で共演、いや、相まみえると言った方がよいかもしれない。『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などの原作で知られる雫井脩介のミステリー小説を、『日本のいちばん長い日』『関ケ原』の原田眞人監督の手により映画化。東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事(木村)と、彼に心酔する新米検事(二宮)がある殺人事件の捜査を巡ってすれ違い、それぞれの正義がぶつかり合う骨太のドラマが進行する。松重豊、山崎、吉高由里子、平岳大、大倉孝二ら、多士済々の面々が適材適所な好演を見せる点にも注目を。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年8月24日
キャスト 監督・脚本原田眞人
原作雫井脩介
出演木村拓哉 二宮和也 吉高由里子 平岳大 大倉孝二 八嶋智人 音尾琢真 谷田歩 酒向芳 矢島健一 キムラ緑子 芦名星 山崎紘菜 松重豊 山崎努
配給 東宝
制作国 日本(2018)
上映時間 122分
公式サイト http://kensatsugawa-movie.jp/

(C)2018 TOHO/JStorm

ユーザーレビュー

総合評価:3.83点★★★☆、12件の投稿があります。

P.N.「mayu」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-17

内容からして、もう少し時間が欲しかったかなとは思いました。好きか嫌いか分かれる映画だと思いますが、HEROとは違う渋い検事役良かったと思います。木村さんは、所作が綺麗です。歩き方、後ろ姿、食べ方、見せ方も大事な要素だと思います。平さんとの絡みが大人な感じで色気を感じました。全体的にオシャレに作られてる映画です。


レビューを投稿する

「検察側の罪人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-24 16:00:05

広告を非表示にするには