メアリと魔女の花 作品情報

めありとまじょのはな

魔法よりも大切な果たすべき約束がある

メアリと魔女の花のイメージ画像1
メアリと魔女の花のイメージ画像2

大叔母シャーロットが住む赤い館に引っ越してきたばかりのメアリは好奇心旺盛で元気いっぱいな女の子。悩みは縮れた赤毛だが、何よりも我慢できないのは退屈なこと。新しい友だちを作ろうにも夏休み中で学校は始まっていない。そんな彼女の前に黒猫が現れ、後を追って森の中へ。そこには7年に1度しか咲かない《夜間飛行》という謎めいた花が。不思議な力を手に入れたメアリは天空の魔法世界へ導かれるのだが…。

「メアリと魔女の花」の解説

変わりたい。今とは違う理想の自分に。誰もが持つ変身願望を巧みに取り入れ、魔法を越えた勇気と誠実さを主人公に問い、強大なパワーに魅せられることの危険と狂気をも描き出す。米林宏昌監督は長編デビュー作『借りぐらしのアリエッティ』、アカデミー賞長編アニメーション賞ノミネートの『思い出のマーニー』に続いて、今回もまた英国児童文学を原作に、魅力的なヒロインを活躍させる。杉咲花、神木隆之介、天海祐希ら達者な役者陣が登場人物に命を吹き込む。宮崎駿、高畑勲という二大巨匠のもとで修行を積んだ米林監督が、共にスタジオジブリを巣立った西村義明プロデューサーと立ち上げたスタジオポノック制作の記念すべき第一作。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年7月8日
キャスト 監督米林宏昌
原作メアリー・スチュアート
声の出演杉咲花 天海祐希 小日向文世 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり 大竹しのぶ
配給 東宝
制作国 日本(2017)
公式サイト http://www.maryflower.jp/

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:2.83点★★☆☆☆、6件の投稿があります。

P.N.「NAOYA∞」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2017-08-15

確かに既視感がありまくりでしたね。過去のジブリ作品のようにも、初期のハリー・ポッターのようにも、ドラえもんの劇場版のようにも見えました。ピーターやフラナガンなどは、善良で好感を持てるなか、メアリは小癪で自分勝手で共感できず。魔法大学の校長ともあろう人が、人間の少女に翻弄され続けられるほど大した魔法を使えない不思議。若き日のシャーロットの活躍も、もっと見てみたかった。過去二作は良作と思えたので、米林監督の今度には期待しております。


レビューを投稿する

「メアリと魔女の花」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-24 00:01:45

広告を非表示にするには