鋼の錬金術師 作品情報

はがねのれんきんじゅつし

鋼の身体を持つ兄弟の“賢者の石”を探す旅

鋼の錬金術師のイメージ画像1
鋼の錬金術師のイメージ画像2

エドと弟のアルは母親を生き返らせようと禁忌の錬金術・人体錬成を行った。結果は失敗に終わり、アルは体全部を失って鎧の身体になり、エドも右腕と左脚を失ってしまう。やがて鋼の義肢・オートメイルを着けて国家錬金術師となったエドは“鋼の錬金術師”という二つ名で呼ばれるように。失った身体を取り戻すため、アルとともに「賢者の石」を求めて旅をしていたエドは、偽物の賢者の石を持つ男と出会うが…。

「鋼の錬金術師」の解説

2001年から2010年にわたって月刊「少年ガンガン」に連載され、アニメ化・ゲーム化・小説化などマルチ展開で人気を博した荒川弘の人気コミックスが、『ピンポン』の曽利文彦監督の手で実写映画化。監督は10年間企画を温め研究を重ねてきたという事で、鎧に魂を定着させたというアルのキャラクターを、見事に日本製のフルCGで表現している。主人公のエドを演じるのは、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介。外見から内面まで、複雑な魅力を持つエドになりきってみせた。ウィンリィを演じる本田翼、焔の錬金術師・マスタング大尉を演じるディーン・フジオカ、ラストを演じる松雪泰子らも、イタリアロケで撮影された“ハガレン”の世界観に溶け込んでいる。

鋼の錬金術師のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年12月1日
キャスト 監督曽利文彦
原作荒川弘
出演山田涼介 本田翼 ディーン・フジオカ 蓮佛美沙子 本郷奏多 國村隼 石丸謙二郎 原田夏希 内山信二 夏菜 大泉洋 佐藤隆太 小日向文世 松雪泰子
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2017)
上映時間 133分
公式サイト http://hagarenmovie.jp/

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.6点★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「赤ずきん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-12-15

原作もアニメも見てません。少し?となる所はありましたが、とても面白かったです。終盤エドではなく大佐が主役になってしまって、誰が主役?となった点が残念くらい。細かい突っ込みどころもあったけど、なかなか良かったのでは?


レビューを投稿する

「鋼の錬金術師」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-17 11:00:01

広告を非表示にするには