鳳城の花嫁 作品情報

ほうじょうのはなよめ

松田定次が監督する明朗時代劇

鳳城の若殿松平源太郎は三十歳の今日未だ独身。計画された嫁選びの宴にもそっぽを向くがそれでも父母や家老嘉門の心痛を察して自分の嫁は自分で探すとばかり家出する。道中、浪人の檜垣権九郎に路銀を作るためだと衣裳を古着に替えさせられ、上前をはねられたりして江戸へ出た。そしてひょんなことから豪商井筒屋の姉妹おきぬとおみつの危機を救いその夜は井筒屋に厄介になった翌日、姉妹を襲った旗本赤柄組の手先の三次が脅迫に来たのを追払うが到々同家に逗留を余儀なくされる。

「鳳城の花嫁」の解説

「剣豪二刀流」の中山丈夫が脚本を執筆、「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の松田定次が監督する明朗時代劇。同じく「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の川崎新太郎が撮影を担当する。主な出演者は「恋染め浪人」の大友柳太朗、「海賊奉行」の長谷川裕見子、「喧嘩社員」の中原ひとみ、ほかに田崎潤、志村喬、薄田研二、進藤英太郎など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松田定次
出演大友柳太朗 三島雅夫 松浦築枝 薄田研二 田崎潤 進藤英太郎
制作国 日本(1975)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鳳城の花嫁」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-12 00:01:04

広告を非表示にするには