雷桜 作品情報

らいおう

将軍家の息子と、山奥で育った女天狗の切ない初恋を描く、時代劇ラブストーリー

徳川将軍・家斉の十七男に生まれた斉道。母を亡くし親の愛情を知らずに育った彼は、心に病を抱えていた。療養を兼ねて家臣の瀬田助次郎の故郷・瀬田村を訪れた彼は、天狗が住むと言われる瀬田山で、女の天狗と出会う。その正体は、幼い頃に誘拐され、山奥で育てられていた瀬田助次郎の妹・遊だった。世間を知らず奔放な遊に、斉道は惹かれていく。雷に打たれた銀杏の上から銀杏が芽を出した巨木・雷桜の前で、二人は恋に落ちる…。

「雷桜」の解説

『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督が、宇江佐真理の同名小説を映画化したラブストーリー。江戸時代を舞台にしているが、時代劇と言うよりも切ない愛の物語と言った方が適切だろう。初めての恋に落ちた身分違いの二人の姿を、美しい自然の風景の中でリリカルに描いている。心に病を抱えて生きる孤独な将軍家の息子を演じたのは『ホノカアボーイ』『悪人』など躍進目覚ましい岡田将生。孤独のあまり精神を病んでいた青年が、愛を知り、人の心の痛みを知っていく姿を切なく演じている。幼い頃に誘拐され、山奥で奔放に育った雷(遊)を演じた蒼井優も、山に乗り野を駆ける“天狗”が、恋を知て“女性”として成長していく姿を見事に体現している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年10月22日
キャスト 監督廣木隆一
出演岡田将生 蒼井優 小出恵介 柄本明 時任三郎 宮崎美子 和田聰宏 須藤理彩 若葉竜也 忍成修吾 村上淳 高良健吾 柄本佑 大杉漣 ベンガル 池畑慎之介 坂東三津五郎
配給 東宝
制作国 日本(2010)
上映時間 133分

(C)2010「雷桜」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.14点★★★☆、9件の投稿があります。

P.N.「伊吹颯」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-31

確かに、しばらく観てると飽きてくる感じの内容なので、わざわざ映画でやる価値はなかった感じですね。ミスキャストが目立ったところも少々残念でしたが、やはりそれなりの感動をもらえたので、裏切られた感はありません(^_^)v

最終更新日:2018-10-26 19:50:46

広告を非表示にするには