ブロークバック・マウンテン 作品情報

ぶろーくばっくまうんてん

20年にもおよぶ、セクシュアリティを越えた愛憎劇

ブロークバック・マウンテンのイメージ画像1

1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。農場に季節労働者として雇われたイニスとジャックはともに20歳の青年。対照的な性格だったが、キャンプをしながらの羊の放牧管理という過酷な労働の中、いつしか精神的にも肉体的にも強い絆で結ばれていく。やがて山を下りたふたりは、何の約束もないまま別れを迎える。イニスは婚約者のアルマと結婚、一方のジャックは定職に就かずロデオ生活を送っていた……。

「ブロークバック・マウンテン」の解説

2005年度ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した話題作。封建的な時代、保守的な場所で愛を貫くふたりの若者を演じた『ブラザーズ・グリム』のヒース・レジャー、『遠い空の向こうに』のジェイク・ギレンホールの演技は手離しに称賛されよう。これまでの作品から孤独な若者の心の機微を描写するのが得意と見受けるアン・リー監督は、トビー・マグワイア、エリック・バナなど、物憂げな瞳を持った青年がお好きなようだ。『プリティ・プリンセス』シリーズのアン・ハザウェイがイメージを覆す“テキサス娘”を好演していることにも注目しよう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年3月4日
キャスト 監督アン・リー
出演ヒース・レジャー ジェイク・ギレンホール ミシェル・ウィリアムズ アン・ハサウェイ
配給 ワイズポリシー
制作国 アメリカ(2005)
年齢制限 PG-12
上映時間 134分

(C)2005 Focus Features LLC/WISEPOLICY

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、5件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-07

そして何と云っても本編の最大の魅力はロドリゴ・プリエトの人物を確り見据えたカメラワークなのかも知れない。カミングアウトがタブー視された時代背景での男の熱き友情だが、脇を固める美しき女優陣やベテランの親の役柄も実に上手いんだ?


レビューを投稿する

「ブロークバック・マウンテン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-11 11:00:05

広告を非表示にするには