透光の樹 作品情報

とうこうのき

大人の男女が織り成す永遠の愛を描いたベストセラー恋愛小説が、遂に映画化

番組制作会社の社長、今井は、25年ぶりに鶴来の町に立ち寄った。かつて取材した有名な刀鍛冶、山崎火峯を訪ねるが、火峯は寝たきりとなり、娘の千桐が介護していた。今井の脳裏に、高校生だった千桐の姿が浮かぶ。借金に追われ、娘と父の3人で細々と暮らす千桐に、今井は援助を申し出た。「目的はあなた」と言う今井に、千桐は動揺しながらも、その申し出を受け入れる。逢瀬を重ねるたび、どうしようもなく惹かれあっていく2人だったが、やがて、今井のガンが発覚する。

「透光の樹」の解説

命を懸けて誰かを愛する、深く濃密な大人の恋愛を描いた本作は、第35回谷崎潤一郎賞を受賞した、高橋のぶ子のベストセラー小説を原作に持つ作品。季節ごとに様々な風景を見せる北陸地方を舞台に、古都・金沢と、鶴来の町の情緒が、悲しく激しい愛を静かに見つめ、包み込んでいく。

監督は、6年ぶりの映画となる根岸吉太郎。千桐を演じた秋吉久美子、今井を演じた永島敏行は、円熟した演技で男と女の艶を表現した。また音楽には、ジャズ・ミュージシャンの日野皓正がしっとりとしたトランペットの音色を響かせている。どっしりと根を生やした六郎杉が、離れられない2人の愛を永遠に見守るように、いつまでも心に刻まれる官能的な恋愛ドラマ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年10月30日
キャスト 監督根岸吉太郎
出演秋吉久美子 永島敏行 高橋昌也 吉行和子 平田満 寺田農 田山涼成 うじきつよし 村上淳
配給 シネカノン
制作国 日本(2004)
年齢制限 R-18
上映時間 121分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「透光の樹」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:40

広告を非表示にするには