森の学校 感想・レビュー 4/4ページ 78件

もりのがっこう

P.N.「まあまあ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-11

みなさんがお書きになっていらっしゃるように、とても素晴らしい映画でした。春馬さんをはじめ、役者のみなさん、お話が素敵で、もう一度見たいと思いました。DVDが出れば、みんなにも伝えられるので、是非、お願いしたいです。いいものはいいのだと本当に思いました。

P.N.「そら」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-11

丹波篠山の自然が素晴らしいです。昭和10年頃のお話になっていてこの時代の日本の風景がどこか懐かしく感じられます。人間が自然と虫や動物たちと共存していて、そこの暮らしには家族や仲間や社会のあたたかさがあり感動させられました。今の時代を生きる私達に大事なことを問いかけている作品だと思います。
世代を超えて、ぜひたくさんの人に観て頂きたい名作だと思います。

P.N.「絆さん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-10

先ずは、映像そのものが素朴で懐かしい。子供らしい生き生きとした純粋無垢な・・丹波篠山で育った少年の物語であるが、春馬君の演技というよりは素に近い春馬君自身がそのまま映像に流れていたように思う。演技が上手との表現より現実の春馬君の年齢相応の素直さが垣間見れる映画です。やんちゃ・度胸・思いやりの全てを春馬君がこの映像を通して渾身の演技を見せてくれました。また、生き物の命の大切さなども語っています。自然の美しさも際立ち、物語の合間に流れる音楽にも癒され、ご年配からお子様まで幅広い年齢層の方に鑑賞して頂きたい映画です。ドリパスだけでの上映はもったいない!DVD化を望みます。

P.N.「忘れな草」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-10

三浦春馬さんの主演映画という事で見に行きました。ストーリーは全く知りませんでしたが、豊かな自然と無邪気でたくましい子ども達の日々の出来事1年を通した自然と子ども達の成長。それを見守る両親。一生懸命生きることの大切さときらめきを見せてもらいました。
今の子供たちが見たらどう感じるのかな…と考えさせられました。

P.N.「coharuco」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-10

とても良い映画です!
是非観て下さい。
明日も観に行きます。
DVD化お願いします。

P.N.「ちょこかすた」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-10

自然(緑)が、家族が、仲間が、生き物が、愛や友情が、言葉が、体験が、感情が、生活や人生を生き生きと豊かにしてくれる…時間いっぱい、画面いっぱい証明してくれる作品。笑いも涙もあり。命の大切さ有り難さがすごい威力で伝わってくる。大人(家族)の言葉も、子どもの目や表情も一所懸命さも自然な子どもらしさも良い。かわいくて愛しくて仕方ないです。子どもなりの男気や正義、バレバレのウソ、やんちゃや生意気。それを見守る大人の度量。私自身の昔も今もこんなふうには生きられてないだけに、大人がしっかり大人で、子どもがしっかり子どもなことが素晴らしいなと。そのゆるぎなさが心地良い作品。惜しむらくはメインどころの関西弁がイマイチだったことくらいでしょうか。監督さんが三浦春馬さんを選んだ理由も、ちょっと見ただけでよく分かります。
円盤化されることはない?ようなので、ぜひ沢山の人に劇場で見てほしいです。緊急事態宣言が出たため4回鑑賞で我慢してますが、本当はもっとリピしたいです。パンフレットも原作本も買ったので、余韻に浸りたいと思います。
素敵な作品をありがとうございます。

P.N.「ふくちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-01-10

自然と共有する子供たち、家族の愛、親の子を思う自然な愛、
昭和10年のお話しですが、主演の三浦春馬さんの自然な演技、篠田三郎さんの素晴らしいお父さんの演技、もう、亡くなった著名人も出ていて、心熱くなりました。面白かったです。何回も切られた人、福本さんも出てらっしゃいました。

P.N.「あんもも」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-09

昔はこんな風に目に見えるものが全てではなく、
見えないものに感謝であったり、意味があったりすることを、祖母だったり大人から教えてもらっていたきがします。

成長していく過程も、どったりした気持ちで子供を見守っていく姿は、とても親として大切なことを教えてもらった気がします。

もっともっと沢山の方に見ていただきたいなぁ。と思いました。

P.N.「みつさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-09

良質な映画だった。
昭和生まれの私には 響いた。篠田さんお父さんも凄く良かった。
もう一回見たいな。。

P.N.「そら」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-09

丹波篠山の自然が素晴らしいです。昭和10年のころの時代背景なのでこの頃の生活や暮らしを感じることができました。自然の中で生きている虫や生物、雅雄少年の家で飼っている動物たちが登場し人間と共存している。ここに描かれている家族、友達、社会、生物との触れ合いがなんて、あたたかいんだろう。この時代の日本の素晴らしさが、今の時代は見られなくなってしまった。社会や時代が変わっても大切なことは何かということは変わらないのではないでしょうか。後世に伝えていって頂きたい上質な映画です。たくさんの方に観て頂きたいです。そして、主人公の雅雄少年を子供時代の三浦春馬君が生き生きとした真っ直ぐな素晴らしい演技をされています。

P.N.「スイミー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-08

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

家族がそれぞれ魅力的です。特にお父さん!
ケンカは自分より強いものとするんだというお兄ちゃんから大将を引き継いだ雅雄。仲間の仇をとるために、ひとりで憲兵隊長の息子に立ち向かう。木棒を持つ相手に素手で殴って泣かせてしまう。
憲兵隊長を恐れる仲間の親たちが雅雄の家に怒鳴り込んできて大騒ぎ。祖母が取りなして収まるが、雅雄は納得いかず、祖母にひどい言葉をはく。
お父さんはそのことでひどく怒るが、ケンカの顛末を知り、
憲兵隊長を諌め、雅雄を褒める。素敵なお父さん!
祖母が突然亡くなり、雅雄は謝ることができないと嘆く。
その時、お母さんは、
おばあちゃんはちゃんとわかってるよ。
頑張って生きた人には、ご苦労さん、ありがとうって言うのよ。
おばあちゃんの命はお父さんに、お前に繋がっているのよ。
この言葉に号泣です。
春馬さん、お疲れ様、ありがとう!

P.N.「ハナ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-08

心が洗われるような映画でした。三浦春馬の演技が素晴らしい。伸び伸びと昭和10年頃の少年を演じていて本当に光っていた。とても可愛くてしかも既にイケメンの要素が感じられる。少年の心の機微を見事に表している。豊かな自然が美しく自分はまだ生まれていない時代だけどとても懐かしい感じがします。家族愛も素晴らしくて泣けました。是非多くの人に見ていただきたいです。今の社会で忘れられているとても大切な事を教えてくれているので学校で上映してもいい映画です。子供達にもぜひ見て欲しい。お勧めです。

P.N.「sazae1128」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-08

昭和10年頃の日本の良き時代が描かれていて丹波篠山の四季の自然が美しく其処に暮らす人々がとても生き生きと暖かく描かれていて心が洗われました。
撮影当時は11~2歳だったのでしょうか?
三浦春馬さんの演技が素晴らしく心から笑ったり泣いたりしました。父親役の篠田三郎さん母親役の神崎愛さん本当の家族の様に暖かく包む演技も素晴らしく引き込まれました。
続けて二回観たのですが何度でも観たいと思わせる作品です。
観に行けない環境の方の為にもいつかDVDの発売がある事を願います。

P.N.「ミッチャン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-06

春馬君を14才の母で知り ずっと気になる存在でした 森の学校は今回ドリパスで8日~11日迄毎日映画館に通う予定です 画像でしか観てないですが 今からドキドキです 思いっきり春馬君を抱きしめてあげたかった

P.N.「エリザベス」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-05

この映画は、始まりから、その風景、子供達、大人達すべての美しさに、心が驚き、喜びました。観られて本当に良かった!と思います。同時に沢山の人々にぜひ観てほしいと願います!
春馬くんの気迫溢れる演技には圧倒される程でした。

P.N.「アスリート」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-12-30

おばあちゃんの「雅雄の体の悪い所は私が死ぬ時に持って行くさかい」という言葉に孫を持つ身として共感して泣きました。
春馬さんがずっと出ている映画です。ネットで得ていた情報の印象よりも手足は子供と言うよりも少年で、良い家庭のお子様の役で、どこか安心感がありました。
私は幸いにも観る事が出来ましたが、実のお母様が思い出深い作品ともおっしゃっている作品でもありますしDVD化されればと思います。

P.N.「すみれ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-12-21

とっても良い映画でした~
お話の流れは、予告編にある出来事が主だったものですが、映画全体を取り巻く空気感が本当に心地よく、有り体ですが心が癒されました。三浦春馬さんもとても自然体で演じてらっしゃいますし、ほかの子役の子たちも本当に可愛らしくて‥
兄弟のドタバタシーンなどはお芝居に見えませんでした。
現代社会で、見えているつもりで見えなくなっているものが沢山あったなあと気付かされ、寂しく、悲しい気持ちにもなりました。
映画館のスクリーンで見られて良かったです。が、本当に心に沁みいる良い映画ですので何らかの形で配信希望ですね‥

P.N.「ひでりん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-11-15

丹波篠山の豊かな自然の中で、少年の頃の三浦春馬さんが、あどけない笑顔とキラキラした瞳で熱演しています。気がつけば自分自身も豊かな森の中で、懐かしい時代に生きているかの様な気分になってしまいます。三浦春馬さんはこの後、立派な役者さんになられますが、この映画の中の純粋さ、キラキラした輝きはあの頃のまま持ち続けられた素晴らしい役者さんだったと感じます

最終更新日:2021-04-11 00:01:01

広告を非表示にするには