全席が砂かぶり席!『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』11月26日(木)一夜限りのドルビーアトモス上映が決定!

全席が砂かぶり席!『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』11月26日(木)一夜限りのドルビーアトモス上映が決定!

大迫力の映像と臨場感あふれる音とともに強き男たちの生き様を描いた世界初“大相撲”のエンターテイメント・ドキュメンタリー、『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』が、絶賛上映中!
1500年以上もの歴史の中で日本人の暮らしに深く根付き、今や国技となった「相撲」。そこには知られざる世界があった―。2018年12月~2019年6月の約半年間、境川部屋と髙田川部屋の二つの稽古場に密着。想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして、本場所での熱き闘いの姿を追いかける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技、様々な角度から紐解いていく。勝ち続けなければいけない、強くなくてはいけない。極限まで自分と向き合い、不屈の精神で「相撲」と闘い続けるサムライたちの生き様を描いた唯一無二のドキュメンタリーが生まれた!

ドルビーアトモス フォーマットで制作された日本で初めてのドキュメンタリー映画となる本作、待望のドルビーアトモス上映が、TOHOシネマズ 日本橋にて一夜限りで実施されることが決定!
本作は、豪栄道関(現・武隈親方)が所属する境川部屋、竜電関が所属する髙田川部屋の二つの稽古場に密着するほか、本場所での闘いの様子までをたっぷりと収めた、世界初の“大相撲”エンターテイメント・ドキュメンタリー映画であり、日本で初めてドルビーアトモスを採用したドキュメンタリー映画作品です。

10月30日(金)より公開を迎え、映画館には多くの相撲ファンが足を運び、初日から満席回も多く見られ、興行通信社発表のミニシアターランキング(10/31~11/1)では5館スタートで第5位にランクインするなど好調な成績とともに封切られました。公開以降、SNSでは「上映開始10秒で涙腺崩壊号泣。」、「エンドロールの後に拍手が起こる程良い映画でした!」など、今では貴重となってしまった満員の国技館の風景に涙し、大興奮で映画館を後にする人が続出するほか、「音もかっこよすぎて、細部にこだわりを感じます!」、「取組の衝撃シーン、音が凄くて「ヒィ?!!」ってなった!」と、音に注目する声も相次いでいます!

国技館の臨場感を映画館で体感して欲しいという坂田栄治監督の想いから、ドルビーアトモスで制作された本作ですが、一般公開に至っていないことから、ドルビーアトモスで本作をリアルに体感したい声がSNSを中心に広がり、遂に待望のドルビーアトモス上映が一夜限りで実施されることが決定!
ドルビーアトモス上映決定を受けて坂田栄治監督は「一夜限り!夢が実現!監督冥利に尽きます!ドルビーアトモスで作っておいて良かった!劇場全席が両国国技館の砂かぶり席です。凄まじい臨場感を味わって欲しい!力士の生き様を目の当たりにして欲しい!来場者全員の視覚と聴覚を楽しませる自信があります!一緒に相撲を愛でましょう!私も劇場にいるので感動を分かち合いましょう!」
サウンドデザイナーを務めた染谷和孝さんは「皆様、ついに待望のドルビーアトモス上映が1夜限りですが実現致します。ご尽力を頂きました皆様に心から感謝申し上げます。この作品のサウンドでデザイナーとして、そして魂を込めたスタッフとして、多くのお客様にお楽しみ頂ければ幸甚です。是非、国技館の特別な雰囲気、温かさと厳しさを感じて下さい。どうぞ宜しくお願い致します。」とそれぞれコメントを寄せています。

これを逃すともう観られない…?一夜限りの貴重なドルビーアトモス上映で、力士たちの白熱の闘いをぜひ映画館で体感してください!

-----------------------------
相撲道~サムライを継ぐ者たち~』ドルビーアトモス上映概要  
上映日:11月26日(木) 19:00の回
上映劇場:TOHOシネマズ 日本橋
チケット販売: 11/23(月・祝)24:00(=11/24(火)0:00)より開始
購入方法・料金など:通常料金+DOLBY ATMOS鑑賞料金
-----------------------------

(c)2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会  

最終更新日
2020-11-20 10:00:00
提供
映画の時間編集部

広告を非表示にするには