梅切らぬバカ 作品情報

うめきらぬばか

老いた母親と自閉症の息子が模索する自立への道

梅切らぬバカのイメージ画像1
梅切らぬバカのイメージ画像2

古民家で占い業を営む山田珠子は、近隣住民との付き合いを避け、自閉症の息子・忠男とふたりで暮らしていた。庭に生える一本の梅の木は、忠男にとって亡き父親の象徴だったが、その枝は塀を越え、細い私道にまで乗り出していた。隣家に越してきた里村茂は、通勤の妨げになる梅の木と、予測のつかない行動をする忠男を疎ましく思っていたが、妻の英子と息子の草太は、珠子の大らかな魅力に惹かれ密かに交流を育んでいた。ある日、忠男の通う作業所に呼び出された珠子は、知的障害者が共同生活を送るグループホームへの入居案内を受ける。自分がいなくなった後の忠男の人生を考え続けてきた珠子は悩んだ末に入居を決めるが、住み慣れた家を出た忠男は環境の変化に戸惑うばかりだった。ある晩、他の利用者との諍いをきっかけにホームを抜け出した忠男は、近隣住民を巻き込む厄介な「事件」に巻き込まれてしまう…。

「梅切らぬバカ」の解説

老いた母親と自閉症の息子が地域コミュニティとの交流を通じ、自立の道を模索する様を描くドラマ作品。障害者への偏見や無意識の差別などの問題を真正面から描きつつも、母と子の揺るぎない絆と、共生への希望、日常の尊さといった温もりを感じさせる作品となっている。地域社会と距離を置き古民家でひっそりと暮らす珠子を加賀まりこ、珠子の息子で、自閉症の忠男役をドランクドラゴンの塚地武雅が演じる。加賀にとっては1967年『濡れた逢びき』以来、54年ぶりの主演作。(作品資料より)

梅切らぬバカのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年11月12日
キャスト 監督・脚本和島香太郎
出演加賀まりこ 塚地武雅 渡辺いっけい 森口瑤子 斎藤汰鷹 林家正蔵 高島礼子
配給 ハピネットファントム・スタジオ
制作国 日本(2021)
上映時間 77分
公式サイト https://happinet-phantom.com/umekiranubaka/

(C)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「ぺるやま」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-11-23

映画を見る前に皆様は何を期待しているかによって、感想が異なる作品だと感じました。


私はとても好きな作品です。
最後に皆様の中の葛藤を感じながら、自分なりの意志・覚悟・選択・決意を考えさせられる作品だと思います。


もし自分の立場ならどのような選択を選ぶのか。是非一度観て頂きたい映画です。

最終更新日:2021-11-30 16:00:03

広告を非表示にするには