鳩の撃退法 作品情報

はとのげきたいほう

佐藤正午のベストセラー小説を映画化

鳩の撃退法のイメージ画像1
鳩の撃退法のイメージ画像2

元直木賞作家の津田伸一は、とあるバーで担当編集者の鳥飼なほみに、書き途中のある新作小説を読ませていた…。富山の小さな街でドライバーとして、その日暮らしを続ける津田伸一は、かつては直木賞も受賞した小説家だった。1年前、津田はいきつけのコーヒーショップで偶然幸地秀吉と出会い、今度会ったらピーターパンの本を貸そう、と“約束”をして別れる。しかしその夜を境に、幸地秀吉は愛する家族と共に突然姿を消してしまう。それから数か月後、津田の元に三千万円を超える現金が転がりこむ。ところが喜びも束の間、思いもよらない事実が判明した。「あんたが使ったのは偽の一万円札だったんだよ」偽札の動向には、一年前に家族三人が失踪した事件をはじめ、この街で起きる騒ぎに必ず関わっている裏社会のドン・倉田健次郎も目を光らせているという。倉田はすでに偽札の行方と共に、津田の居場所を捜し始めていた…。津田の体験を元に書かれた新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか検証を始めるが、そこには驚愕の真実が待ち受けていた…。

「鳩の撃退法」の解説

直木賞作家・佐藤正午のベストセラー小説を映画化。主人公の元直木賞作家・津田伸一役を演じるのは、『22年目の告白-私が殺人犯です-』『Diner ダイナー』など数々の話題作に出演する藤原竜也。津田に翻弄される担当編集者・鳥飼なほみを土屋太鳳が演じる。監督はドラマ「赤めだか」でギャラクシー賞ほかドラマ界の賞を総なめするなど、映画だけではなくTVドラマ・バラエティ・ミュージックビデオとジャンルを問わず、マルチに活躍するタカハタ秀太。(作品資料より)

鳩の撃退法のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年8月27日
キャスト 監督タカハタ秀太
原作佐藤正午
出演藤原竜也 土屋太鳳 風間俊介 西野七瀬 豊川悦司
配給 松竹
制作国 日本(2021)
上映時間 119分
公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/hatogeki-eiga/

(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (C)佐藤正午/小学館

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「SSK、真実は小説よりも奇なり」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-10-12

事実と言うのは、人間側からみた限られた見解。

真実とは、覆せないほど、人生に横たわる巧妙に仕組まれた、人間には作り出せないモノである。

隠された真実を炙り出すには、鳩を放つ、鳩は、つがいになる習性があり、必ず何かを伴い、現実の世界に裏表を見せてくれる。

放たれた三枚の鳳凰のカードは、つがいの習性の如く真実を炙り出す。

この作品の一番の見所は、藤原竜也さん演じる主人公だろう?

彼が、ピーターパンのような存在感で、この作品の原作を見事にストーリーテラーしている。

鑑賞して、余りにも不可解なのは、かなり脚色を加えていたから。

事実は、ねじ曲げて伝えられるが、真実は、巧妙かつ覆せないモノである。

小説のように事実は、ねじ曲げられるが、真実は、必ず対峙する時がやってくる。

SSK、真実は、小説よりも奇なり。

普通で真面目、真実は、世の中に関心が薄く、人との関わりをさけ、狭い自分だけの世界で生き知らないことを知らないと自覚できない稚拙な成鳥できない籠の鳥である。言うことは立派だが。

最終更新日:2021-10-17 16:00:04

広告を非表示にするには