パリのどこかで、あなたと 作品情報

ぱりのどこかでなたと

パリに暮らす不器用な男女の出会いを描くフレンチ・ラブストーリー

パリのアパートメントでひとり暮らしをする30歳のメラニーは、がんの免疫治療の研究者で、元恋人との恋愛を引きずりながらも仕事に追われている。メラニーの隣りのアパートメントに住む30歳のレミーは倉庫で働いており、同僚が解雇される一方で自分だけ昇進することに罪悪感とストレスを抱えていた。メラニーはいくら寝ても寝足りない過眠症に、レミーは眠れない不眠症にそれぞれ苦しみ、セラピーに通うように。メラニーは友人からマッチングアプリを勧められ、出会った男性たちと一夜限りの関係を重ねるが、過去の失恋で空いた心の穴を埋められない。かたやレミーは職場で出会った女性とデートをするも、うまく距離を縮められない。同じ電車に乗り、同じ店で買い物をし、同じように孤独を埋められない二人は、すぐそばにいながら知り合うことはなかったが……。

「パリのどこかで、あなたと」の解説

『おかえり、ブルゴーニュへ』のセドリック・クラピッシュ監督が過去を受け入れ前に進む男女を撮ったラブストーリー。『おかえり、ブルゴーニュへ』でも共演したアナ・ジラルドとフランソワ・シヴィルが再びクラピッシュ監督作品に参加、パリを舞台に不器用に生きる30歳の男女の成長と出会いを紡ぐ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年12月11日
キャスト 監督セドリック・クラピッシュ
出演アナ・ジラルド フランソワ・シヴィル シモン・アブカリアン アイ・アイダラ
配給 シネメディア
制作国 フランス(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 110分
公式サイト https://someone-somewhere.jp/

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「It was a test.」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-12-23

現代、日本人に限らず、世界的に、男女の恋愛観は、昔と温度差がある。

何となく、やぼったい印象を与える男女。

仕事では、合格ラインを維持するが、ライフスタイルは、不器用な二人。

日々の課題・問題に、空回り、近くにいるのに、スレ違い。

心理カウンセラーの助けを経て、自分たちの避けていた問題に向き合い、新たな一歩を踏み出す。

どんな関係にも繋がりがあり、目の前の問題は、向き合い、前進できる。

大きく立ちはだかる問題も、些細なことの積み重ね。

日々の些細な物事に向き合い、私たちは、前進できる。

目の前、問題は、些細なようで、

It was a test.

最終更新日:2021-02-25 00:01:07

広告を非表示にするには