天外者(てんがらもん) 作品情報

てんがらもん

三浦春馬遺作の主演映画

天外者(てんがらもん)のイメージ画像1
天外者(てんがらもん)のイメージ画像2

江戸末期、ペリーが来航し日本に激震が走る中、大勢の侍に命を狙われる五代才助、後の友厚と坂本龍馬が全速力で駆け抜けていく。この時、新しい時代の到来を察知し日本の未来を見据える二人の人生が重なり始めた。攘夷か、開国か、国は大きく揺れていたが、内輪揉めには目もくれず、世界に目を向ける五代。遊女のはると出会い自由な夢を見たいという思いに突き動かされた彼は、誰もが夢見ることのできる国をつくるため、坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文らと志を共にする。

「天外者(てんがらもん)」の解説

2020年に急逝した三浦春馬が、薩摩藩士・明治政府役人を経て商都・大阪の基礎を作った実業家・五代友厚を演じた歴史群像劇。天外者とは、鹿児島の方言で“すごい才能の持ち主”のこと。五代の盟友・坂本龍馬を『ひるなかの流星』の三浦翔平、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎をミュージシャンの西川貴教、伊藤博文を『小さな恋のうた』の森永悠希が演じる。監督は、『利久にたずねよ』『海難1890』の田中光敏。

天外者(てんがらもん)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年12月11日
キャスト 監督田中光敏
出演三浦春馬 三浦翔平 西川貴教 森永悠希 森川葵 筒井真理子 蓮沸美沙子 生瀬勝久
配給 ギグリーボックス
制作国 日本(2020)
上映時間 109分
公式サイト https://tengaramon-movie.com/

(C)2020映画「五代友厚」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.88点★★★★☆、406件の投稿があります。

P.N.「オススメ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-04-09

1回目は初日一番後ろの列の通路よりの席でみました。見終わったあと、ど真ん中の席で観たほうが凄く良いのではないかと後悔しました。
先日やっと2回目をど真ん中で観ました。大正解でした。俳優さん達の眼差しが、直接観ている自分に向けられている感じがして、嬉しい時は嬉しくて、悔しい時は悔しくて、穏やかな時は穏やかで、哀しいときは哀しくて、2回目のほうが長い時間映画の世界を旅した気分になりました。

若い頃の春馬君にひかれたのは、笑顔の中に見える一瞬の揺らぎでした。それから、作品を重ねるごとに嘘のない誠実さも気になったし、突風が吹いたような躍動感にも圧倒されました。静と動、弱さの中の強さ、強さの中の弱さ、真っ直ぐで、まるで弦楽器のよう。天外者では、あらゆる好奇心の発露をみせナンバの動きまで再現する、あなたには驚かされっぱなしで悔しいです。そして愛おしいです。

この映画は激動の時代の波の中を確かに生きた人たちの姿があり、全編から強く願った想いが伝わってきます。映画館でこれから観る人は是非ど真ん中で。
そして、この映画に携わった全ての人達に感謝いたします。

最終更新日:2021-04-18 00:01:02

広告を非表示にするには