この世界に残されて 作品情報

このせかいにのこされて

ホロコーストから生還した二人の交流を描く

この世界に残されてのイメージ画像1
この世界に残されてのイメージ画像2

1948年のハンガリー。婦人科医のアルドのもとに、叔母に連れられて16歳の少女クララが診察にきた。寡黙で悲しげなアルドに何かを感じたのか、その後、クララはたびたびアルドの家にやってくる。クララもアルドもホロコーストによって大切な家族を亡くしており、クララはアルドに亡き父の姿を見ていた。叔母の了解を得て、週の半分をクララの保護者として過ごすようになるアルド。しかしソ連がハンガリーの支配を強めるなど、時代は変わりつつあった。

「この世界に残されて」の解説

第二次世界大戦では当初ドイツ側に立って参戦していたハンガリーだが、戦争末期に離脱を試み、察したドイツに占領されてしまう。その時誕生した極右政権は、終戦までの約半年間に多くのユダヤ系ハンガリー人を収容所に送り、虐殺した。本作はそんな悲劇から数年後の、収容所から生還した二人を描いた作品だ。ただし、そうした過去の多くは説明されない。医師アルドが収容所にいたのも手首の刺青で描写する程度だ。アルドは家族について語らないが、それが逆に彼の喪失感をより強く表わしている。少女と医師の関係は、失われたものを補完する擬似家族でもあるが、歳の離れた恋人同士にも見えなくもない。再びファシズム(共産党独裁)の影が迫る時代だが、それでも二人が新たな希望を見出していく。クララ役のアビゲール・セーケの美少女ぶりも見どころ。

この世界に残されてのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年12月18日
キャスト 監督バルナバーシュ・トート
出演カーロイ・ハイデュク アビゲール・セーケ マリ・ナジ カタリン・シムコー バルナバーシュ・ホルカイ
配給 シンカ
制作国 ハンガリー(2019)
上映時間 88分
公式サイト http://synca.jp/konosekai/

(C)Inforg-M&M Film 2019

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「この世界に残されて」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-06 00:01:02

広告を非表示にするには