エマ、愛の罠 作品情報

えまあいのたみ

美しく激しく妖しい、規格外のニューヒロインに注目

エマ、愛の罠のイメージ画像1

若くて美しいダンサーのエマは、ある悲しい事件をきっかけに振付師の夫ガストンとの結婚は破局を迎えてしまう。 家庭も仕事も失いどん底に突き落とされたエマだったが、その妖しい魅力で実直な消防士のアニバルを誘惑し、その妻で弁護士のラケルと親密な関係になっていく。そしてさらに、彼女への未練を引きずる別居中のガストンまでも挑発し始める。そんな彼女の奔放な行動の裏には、ある驚くべき秘密が隠されていた。

「エマ、愛の罠」の解説

これまでの既成概念や固定観念を壊す、大胆にしてセンセーショナルなニューヒロインの誕生、と出品されたヴェネチアやトロントの映画祭で話題となった本作は、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』で絶賛され、アカデミー賞に輝く『ナチュラルウーマン』の製作を手掛けた、チリ出身のパブロ・ラライン監督作だ。主人公エマを演じるのは、会って10分後に監督から主演をオファーさせたという新星、マリアーナ・ディ・ジローラモ。魂の叫びを体現するかのようで情熱的なレゲトンダンスと、浮遊感が漂う映像美が見どころだ。ヒロインの夫を演じるガエル・ガルシア・ベルナルの存在感にも注目したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年10月2日
キャスト 監督パブロ・ラライン
出演マリアーナ・ディ・ジローラモ ガエル・ガルシア・ベルナル パオラ・ジャンニーニ サンティアゴ・カブレラ クリスティアン・スアレス
配給 シンカ
制作国 チリ(2019)
年齢制限 R-15
上映時間 107分
公式サイト http://synca.jp/ema/

(C)Fabula, Santiago de Chile, 2019

動画配信で映画を観よう!

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「bogi」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-10-10

破天荒な行動の理由と邦題の意味が最後に分かる。
ワンピースのキャラクターのような主人公の圧倒的な存在感。
邦画にも80年代までは似た雰囲気の作品があった気がするが、最近は品行方正である。

最終更新日:2021-11-27 20:06:39

広告を非表示にするには