ファヒム パリが見た奇跡 作品情報

ふぁひむぱりがみたきせき

パリに渡った難民の少年がチェスの王者を目指す

ファヒム パリが見た奇跡のイメージ画像1
ファヒム パリが見た奇跡のイメージ画像2

政変が続くバングラデシュ。チェスの大会で勝利を収めた息子ファヒムに対する周囲の妬み、そして誘拐の危険を考え、父親はファヒムを連れてパリへ移住する。パリの難民センターに身を寄せた父子だが、難民申請の手続きはなかなか進まない。その間、ファヒムは入ったチェスクラブで、コーチのシルヴァンの指導を受けることに。最初はシルヴァンに反発していたファヒムだったが、徐々に彼に心を開いていく。その一方、父とファヒムの難民申請は却下されてしまう。

「ファヒム パリが見た奇跡」の解説

本作は実話を基にしている。わずか8歳でバングラデシュからパリへと移住したファヒム。時には路上生活を送りながらも、最終的にはチェスのフランス大会の12歳以下の部で優勝。それがきっかけとなりフランスの居住権を得る。その物語を脚色し、映画化したのが本作だ。チェスファンが楽しめる一方、移民問題を考える社会派映画でもあるが、物語の核となるのは「人間の絆」を描くドラマだ。言葉が通じないファヒムが、最初に言葉の壁を乗り越えて仲良くなるのは、同じ子供たち。そしてジェラール・ドパルデュー演じる厳格なコーチに反発しながらも、彼のやり方を学んでいく。「移民問題を抱えながらも、なぜフランスは移民を受け入れるのか」という日本人にはわかりにくいことも、この映画を見て少しは理解できるようになるかもしれない。

ファヒム パリが見た奇跡のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年8月14日
キャスト 監督ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル
出演ジェラール・ドパルデュー アサド・アーメッド ミザヌル・ラハマン イザベル・ナンティ
配給 東京テアトル
制作国 フランス(2019)
公式サイト http://www.fahim-movie.com/

(C)POLO-EDDY BRIERE

動画配信で映画を観よう!

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ファヒム パリが見た奇跡」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-06-16 17:34:20

広告を非表示にするには