さらばわが愛、北朝鮮 作品情報

さらばわがあいきたちょうせん

北朝鮮からソ連に亡命し、映画人となった者たちの想いとは

さらばわが愛、北朝鮮のイメージ画像1
さらばわが愛、北朝鮮のイメージ画像2

1952年、北朝鮮からソ連へ留学した8人の若者が、エリートとして約束された北朝鮮での将来を捨て、祖国に帰国しない道を選択する。56年に起こったクーデター「宗派事件」をきっかけに当時の金日成体制を批判し58年にソ連に亡命した彼らは、カザフスタンを始めとす各地で映画監督や作家として活動したという。その中から撮影監督キム・ジョンフンと映画監督のチェ・クッキン、作家になったハン・デヨンのロシア人妻などへのインタビューを敢行する。

「さらばわが愛、北朝鮮」の解説

1952年に モスクワ国立映画大学に留学した北朝鮮の若者8人が、その後母国に戻らずソ連に亡命した――それから50年以上にわたりカザフスタンを始め広大な旧ソ連の各地で、ある者は映画監督として、ある者は作家として活動した彼らのその後を追ったドキュメンタリーだ。彼らへのインタビューから読み解ける望郷の思いと、明らかにされる真実が興味深い。監督したのは、映画制作と映画研究の両分野でキャリアを重ねているキム・ソヨン。連作ドキュメンタリー『女性史三部作』や劇映画『ビューファインダ』で知られているという。本作は北朝鮮集団移住者を取材した“亡命三部作”の完結編として手がけた一作だ。

さらばわが愛、北朝鮮のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年6月27日
キャスト 監督キム・ソヨン
配給 パンドラ
制作国 韓国・ロシア(2017)
上映時間 80分
公式サイト http://www.pan-dora.co.jp/goodbymylovenk/

(C)822Films+Cinema Dal

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「さらばわが愛、北朝鮮」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-10 00:10:46

広告を非表示にするには