ポルトガル、夏の終わり 作品情報

ぽるとがるなつのおわり

最果ての地で女優が仕掛ける最後の家族劇

ポルトガル、夏の終わりのイメージ画像1
ポルトガル、夏の終わりのイメージ画像2

女優のフランキーは、家族全員で夏のバカンスを過ごそうとポルトガルの避暑地シントラを訪れている。息子ポールとその父親である前夫ミシェル、今の夫ジミーと、その娘シルヴィア一家、さらに米国から年下の親友アイリーンと恋人も加わる。実は、病を得て余命いくばくもない彼女が、自分亡き後の愛する人々の行く末に少しばかり演出を加えようと目論んだのだ。しかし、集められた彼らもそれぞれ鬱屈と迷いを抱えていた。

「ポルトガル、夏の終わり」の解説

プールサイドに鼻歌交じりで登場する赤い水着の女が、躊躇なくトップレスになってのびのびと泳ぎ始める。極めて演劇的なオープニングだ。イザベル・ユペールが扮するのは離婚と再婚で拡張した家族に君臨する毒舌家だが、どこか飄々とした主人公フランキー。森の中でも山道でもハイヒールで歩くフランス女優のエレガンスを貫く。監督・共同脚本を担うアイラ・サックスの『人生は小説より奇なり』を気に入ったユペールが自らアプローチして実現した本作。 “この世のエデン”と称される世界遺産の街シントラを舞台に、欧米の実力派俳優を集め、過ぎゆく夏と人生の終幕を重ねた洗練された群像劇が展開する。ラストの忘れがたい夕景は絶品。

ポルトガル、夏の終わりのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年8月14日
キャスト 監督・脚本アイラ・サックス
出演イザベル・ユペール ブレンダン・グリーソン マリサ・トメイ ジェレミー・レニエ パスカル・グレゴリー ヴィネット・ロビンソン グレッグ・キニア
配給 ギャガ
制作国 フランス=ポルトガル(2019)
上映時間 100分
備考 Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
公式サイト https://gaga.ne.jp/portugal/

(C)2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FURIA (C)2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ポルトガル、夏の終わり」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-10 23:30:09

広告を非表示にするには