恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た! 作品情報

きょうりゅうちょうでんせつだーうぃんがきた

恐竜の常識が変わる!

恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!のイメージ画像1

モンゴル恐竜最大の肉食恐竜・タルボサウルスは、ティラノサウルス・レックスとよく似ているが体つきはやや細めで、目の上には小さな突起があった。デイノケイルスは長い間謎の恐竜とされていたが、発掘調査で全身化石を発見し、平たいクチバシと背には大きな帆があることがわかった。体に対する脳の割合が恐竜界で最も大きい、賢い恐竜として有名なトロオドンは、知恵を駆使して厳しい環境を生き抜いていたと考えられている。白亜紀後期に生きていた大型の角竜・パリキノサウルスは、通常皮膚がウロコで再現されるが、今作では寒さへの適応の結果として、毛が広範囲に生えている姿として登場する。アラスカで発見されたティラノサウルスの仲間、ナヌークサウルスは、ホッキョクグマを参考に、全身に白い羽毛を生やしていたとして再現した。白亜紀後期の海における頂点捕食者、モササウルスは、パワー、知能、遊泳能力などあらゆる面で優れた最強のハンターだった。通称・むかわ竜として知られるカムイサウルスは、北海道むかわ町穂別で全身骨格が発掘され、新属新種の恐竜であると考えられている。

「恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!」の解説

NHKの人気自然番組『ダーウィンが来た!』の劇場版第2弾。NHKのVFXチームと日本のトップクリエイターが共同で創り上げてきた超リアルな恐竜のCG映像を厳選し、最新研究から明らかになった、常識を覆す新しい恐竜の世界を大迫力の映像で紹介する。ナレーションは、田辺誠一と大塚寧々。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年2月21日
キャスト 監督植田和貴
ナレーション田辺誠一 大塚寧々
配給 ユナイテッド・シネマ
制作国 日本(2020)
上映時間 86分
公式サイト https://kyouryu-darwin.com/

製作・宣伝:ユナイテッド・シネマ 制作:NHKエンタープライズ 映像提供:NHK

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-08-16

子ども教育番組映画と思って観てみたら意外な良作。最新の研究結果を予想以上のCG技術で観ることができます。
しかしながら、この手の映画にありがちの、エンディングでこういう風に撮りましたよ的な種明かしはどうにかならないものか。ああいうことをされると『私たちの努力を観て!』と言われている気がして、映画で上がったテンションが一気に冷めてしまいます。

最終更新日:2020-08-21 16:00:06

広告を非表示にするには