精神0 作品情報

せいしんぜろ

精神医療に人生を捧げた医師の夫婦愛を描く

精神0のイメージ画像1
精神0のイメージ画像2

『精神』(08年)の主人公の一人である山本昌知医師が、82歳にして突然「引退」することになった。山本のモットーは「病気ではなく人を看る」「本人の話に耳を傾ける」「人薬(ひとぐすり)」。様々な生きにくさを抱えた人々が孤独を感じることなく地域で暮らしていける方法を長年模索し続けてきた。彼を慕い、「生命線」のようにして生きてきた患者たちは戸惑いを隠せない。引退した山本を待っていたのは妻・芳子さんと二人の新しい生活だった…。

「精神0」の解説

ベルリン国際映画祭をはじめ世界で絶賛された『精神』(08年)の主人公の一人である山本昌知医師。精神医療に捧げた彼の人生のその後を、深い慈しみと尊敬の念をもって描き出す。想田和弘監督自身が「期せずして“純愛映画”になった」と語る本作は、第70回ベルリン国際映画祭フォーラム部門〈エキュメニカル審査員賞〉を受賞。またニューヨーク近代美術館(MoMA)Doc Fortnight 2020のセンターピースとして上映されることが早々に決定した。リサーチもせず、内容に関する打ち合わせもせずに撮る「観察映画」と呼ぶ独自の方法論で『選挙』『Peace』『演劇1』『演劇2』『選挙2』『牡蠣工場』と撮り続けてきた想田監督。『港町』『ザ・ビッグハウス』を経て、さらに深化した。

精神0のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年5月2日
キャスト 監督・製作・撮影・編集想田和弘
配給 東風
制作国 日本(2020)
上映時間 128分
公式サイト https://seishin0.com/

(C)2020 Laboratory X, Inc

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「精神0」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-23 00:10:51

広告を非表示にするには