脱走特急 作品情報

だっそうとっきゅう

レニングラード攻防戦に隠された奇跡の実話

脱走特急のイメージ画像1
脱走特急のイメージ画像2

ソ連第2の都市レニングラードは、1年半もの間ドイツ軍に包囲されていた。1943年1月、ソ連軍は包囲網の一部を突破。200万市民を餓死から救うため線路の建設が開始され、わずか17日で鉄道は開通するが、それはドイツ軍の至近距離を通過する危険なルートで、“死の回廊”と呼ばれた。女学生のマーシャとソーニャは、機関士見習いとして第48鉄道隊に配属される。1943年4月、汽車は孤児院の子供たちと、軍の機密貨物を載せレニングラードを出発。だが敵の砲撃と空襲により、最前線で立ち往生してしまう。積荷の正体は、原爆開発の鍵を握る核物質だった。機密を護ろうとする軍に対し、マーシャたちは決死の戦いを挑むが…。

「脱走特急」の解説

第2次大戦の独ソ戦における、“史上最大の攻囲戦”として歴史に残る「レニングラード攻防戦」。ドイツ軍の900日にも及ぶ包囲の後期、餓死寸前だった市民を救うため、ソ連軍はわずかな日数で鉄道建設を強行。“死の回廊”で、危険を物ともせず、食糧や物資を運び続けた勇気ある鉄道兵たち。これはその第48鉄道隊に所属した若き女性兵士たちの実話を基にした、戦いと奇跡の物語である。第2次大戦当時の軍用蒸気機関車の実車や、凍結した湖上での鉄道建設の模様等を大スケールで完全再現。ナチス空軍機による空襲や、砲兵部隊との激戦といったリアルな戦闘シーンが繰り広げられる。戦争映画大国として知られるロシアの本領発揮の戦争大作。「未体験ゾーンの映画たち2020」にて上映。(作品資料より)

脱走特急のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年2月14日
キャスト 監督・脚本フェドール・ポポフ
出演アルテム・アレクシフ アナスタシア・ツィビゾワ イゴール・ヤスロヴィッチ
配給 「脱走特急」上映委員会
制作国 ロシア(2019)

(C)АНО ”Творческая студия ”СТЕЛЛА”

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「脱走特急」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-01-24 00:11:08

広告を非表示にするには