生きちゃった 作品情報

いきちゃった

寄る辺なきこの人生で本当に大切なものとは?

生きちゃったのイメージ画像1

山田厚久と武田は幼馴染。厚久は結婚しており、5歳の娘がいる。平凡だがそれなりの生活。だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、妻が見知らぬ男と情事に耽っていた。あまりにも急なことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできない。感情に蓋をすることしかできなかった。その日を境に厚久と妻、武田の関係は歪んでいき、物語は予期せぬ展開へと向かっていく…。

「生きちゃった」の解説

『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督のオリジナル脚本作品。主演を務めるのは、映画、舞台、ドラマなどの出演オファーが相次ぎ、数多の映画監督から愛され、インディペンデント映画から大作映画にまで幅広く出演し、『町田くんの世界』に続いての石井組となる仲野太賀。共演に、『葛城事件』や『愛がなんだ』などに出演し、唯一無二の存在感と比類なき演技力を持つ若葉竜也。2人は2017年の『南瓜とマヨネーズ』以来の共演となる。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年10月3日
キャスト 監督石井裕也
出演仲野太賀 若葉竜也
配給 フィルムランド
制作国 日本(2020)
年齢制限 R-15
上映時間 91分

動画配信で映画を観よう!

DVD・ブルーレイ発売情報

生きちゃった

生きちゃったジャケット写真
発売日2021年3月12日
価格3,800円+税
発売元フィルムランド
販売元TCエンタテインメント
型番TCED-5573

(C)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT (C)HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「行っちゃった」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-10-07

思っても言葉に出せない様々な事が、何かを失い、壊し、二度と再生する事がない。
それでも繋ぎ止めようとする。
でもうまくいかない。
だから生きるのって誰でもできる事じゃない気がします
見るの一択です。

最終更新日:2022-01-20 13:40:37

広告を非表示にするには