弥生、三月-君を愛した30年- 作品情報

やよいさんがつきみをあいしたさんじゅうねん

3月、31のエピソードで紡ぐ、30年のラブストーリー

弥生、三月-君を愛した30年-のイメージ画像1
弥生、三月-君を愛した30年-のイメージ画像2

高校時代に親友を病気で亡くした弥生と太郎。その後、お互いの想いを秘めたまま別々の人生を歩んで行く弥生と太郎。子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見付け子供が産まれ…。しかし人生は順風満帆では無く、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者を無くし、子供の頃に抱いていた夢は断たれてしまう。そんな人生の起伏にいつも傍に居てくれて手を差し伸べてくれたのは“あなた”だった。

「弥生、三月-君を愛した30年-」の解説

「家政婦のミタ」「女王の教室」「過保護のカホコ」などヒットドラマを数多く生み出してきた脚本家・遊川和彦が描く、“3月の31日間”だけを切り取った、30年のラブストーリー。主人公の女性・弥生を波瑠、主人公の男性・太郎を成田凌が演じる。(作品資料より)

弥生、三月-君を愛した30年-のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年3月20日
キャスト 監督・脚本遊川和彦
出演波瑠 成田凌 杉咲花 岡田健史 小澤征悦 黒木瞳
配給 東宝
制作国 日本(2020)
上映時間 109分
公式サイト https://yayoi-movie.jp/

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

弥生、三月

弥生、三月ジャケット写真
発売日2020年9月16日
価格4,800円+税
発売元弥生、三月-君を愛した30年-
販売元東宝
型番TDV-30148D


【特典】
予告編集(特報/予告編/TVスポット)

<BR>【特典】<BR>予告編集(特報/予告編/TVスポット)

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「思いは必ず叶う。」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-06-03

失った青春時代も、こう生きたかった人生も、形を変えて卒業式だって、その人間が思う心が正しければ。

人は、時に自らの願いを偽る。回りを気にして。

本心から、そう在りたいと思う願いは、叶わずにはいられない。

人生の様々なトラブルも、自らの思いに、偽らないよう気づかせる。それにより、真の願いを自覚する。

サクラは、死と再生のシンボル。

人間の人生は、儚くあっという間に散り行く、コノハナサクヤヒメ。

その奥には、見えにくい、見えにくい、見えにくい、イワナガヒメが、潜んでいる。

ストーリーに、福島の事を盛り込んだので、ちょっと地味になったのだろう?

スーパーアメージングで、もっとも陰陽のメリハリを演出に加えてもよかった。

人は、思う通りに、見て、思うようになって行く、からビジョン。

人生に不平不満を見るか、希望と感謝を見るか。

すべて自由の選択。

本心から望む偽らない自分があるがままの存在。

サクラが死と再生のシンボルであるように、あるがままであることは、あなたにしかできない。あなたにしか生きられない。

最終更新日:2020-09-28 13:26:00

広告を非表示にするには