帰って来た縁談 作品情報

かえってきたえんだん

阿木翁助の『河内だんじり話』の映画化

豆腐屋の千次郎はやもめ暮しだ。一人息子の千吉に嫁を貰うことを楽しみにしている。千吉と、同じ町内のみち子の二人が公園で楽しげに語り合っているのを隣の八百常が見つけた。早速常さんは、千次郎に二人の話をし、この縁談はまかせとけと胸を叩いた。ところが、千次郎はみち子の母が、良子だと知ると急に反対した。良子は未亡人だが、町内一の金持。近くオートメーションによる豆腐工場を建てようとしていた。これが気にくわない。が何よりも、彼は良子との間に三十年前婚約まで成立しながら、理由不明のまま破談になったといういきさつがあったのだ。島崎邸に出かけた八百常に、良子の返事も、みち子を千吉の友人信夫にやる、ということだった。

「帰って来た縁談」の解説

阿木翁助の『河内だんじり話』の映画化で、松竹新喜劇で上演されたこともある下町喜劇。脚色・監督は「自殺を売った男」の堀内真直。撮影も同じく「自殺を売った男」の小原治夫。「泣き笑い日本晴れ」の伴淳三郎、「サザエさんの婚約旅行」の花菱アチャコをはじめ、田浦正巳・山田百合子・宮城千賀子などが出演。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督堀内真直
出演伴淳三郎 田浦正巳 末村登 宮城千賀子
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「帰って来た縁談」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-27 00:01:07

広告を非表示にするには