再会の夏 作品情報

さいかいのなつ

“愛犬”だけが真実を叫び続けた

再会の夏のイメージ画像1
再会の夏のイメージ画像2

1919年、夏の盛り。終戦後の平和が訪れたばかりのフランスの片田舎。第一次世界大戦の英雄で武勲をあげたはずのジャック・モルラックがひとけのない留置所に収監され、頑なに黙秘を続けている。この男を軍法会議にかけるか否かを決めるため、パリからやって来た軍判事のランティエ少佐は、留置所の外で吠え続ける一匹の犬に関心を寄せる。そして、モルラックを調べるうちに、農婦にしてはあまりにも学識豊かな恋人ヴァランティーヌの存在が浮かびあがり…。

「再会の夏」の解説

1919年、第一次世界大戦後のフランス。美しい片田舎で、主人を待ち続ける一匹の犬と勲章にまつわる、戦争の傷とそれでも絶えることのない愛と信頼を描いた感動作。原作は、フランスで最も権威のあるゴンクール賞受賞者で、国境なき医師団の創設者としても名高いジャン=クリストフ・リュファンによる、史実をベースにした同名歴史小説でモーリス・ジェヌヴォワ文学賞を受賞しているベストセラー。ランティエ少佐役を『最強のふたり』のフランソワ・クリュゼ、モルラック役を『ダリダ~あまい囁き~』のニコラ・デュヴォシェルが演じる。監督は『画家と庭師のカンパーニュ』のジャン・ベッケル。(作品資料より)

再会の夏のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年12月13日
キャスト 監督・脚本ジャン・ベッケル
出演フランソワ・クリュゼ ニコラ・デュヴォシェル
配給 コムストック・グループ
制作国 フランス=ベルギー(2018)
上映時間 83分
公式サイト http://saikai-natsu.com/

(C)ICE3 - KJB PRODUCTION - APOLLO FILMS - FRANCE 3 CINEMA - UMEDIA

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「再会の夏」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-02-28 00:10:57

広告を非表示にするには