聖なる泉の少女 作品情報

せいなるいずみのしょうじょ

人は命の水と共に生きている

聖なる泉の少女のイメージ画像1
聖なる泉の少女のイメージ画像2

ナーメが父と暮らすのは、ジョージアの山深い小さな村。霧に包まれた森と湖の土地には、遙か昔から人々の心身の傷を癒やす泉と、泉を守り、治療の儀礼を先祖代々司る家族がいた。それがナーメの一族だ。年老いた父の後を継ぐべく3人の息子たちは、キリスト教の神父、イスラム教の聖職者、そして科学の教師になっていた。そこで末の娘ナーメが役割を引き継ぐことになるのだが、村を訪れた青年に憧れを抱くようになる。

「聖なる泉の少女」の解説

この幽玄で静謐な映像詩は観る者の目と耳と心に深く静かに染み渡ってゆく。それぞれが信じる道を選択し、すでに家を出て行った兄たちに代わって、伝統の継承という重責を担わされた若い娘の初恋と苦悩を軸に、古来、自然と共に生きてきた人々の信仰と神話的世界を秀逸なカメラワークで描き出した本作。さらに、生命線である川の上流に建設される水力発電所が及ぼす多大な変化を追い、物質文明に毒された現代社会の在り方に疑問を投げかけている。ジョージア南西部、トルコ国境に接したアチャラ地方で語り継がれてきた太古の物語を元に、ザザ・ハルヴァシ監督が映画化し、2018年アカデミー賞外国語映画賞ジョージア代表に選出されている。

聖なる泉の少女のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年8月24日
キャスト 監督・脚本ザハ・ハルヴァシ
出演マリスカ・ディアサミゼ アレコ・アバシゼ エドナル・ボルクヴァゼ ラマズ・ボルクヴァゼ ロイン・スルマニゼ
配給 パンドラ
制作国 ジョージア(グルジア)=リトアニア(2017)
上映時間 91分
公式サイト https://namme-film.com/

(C)BAFIS and Tremora 2017

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「聖なる泉の少女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-07 00:01:07

広告を非表示にするには