パラサイト 半地下の家族 作品情報

ぱらさいとはんちかのかぞく

カンヌで最高賞を受賞したブラックコメディ

パラサイト 半地下の家族のイメージ画像1
パラサイト 半地下の家族のイメージ画像2

家族全員で失業し、半地下の住宅に住むキム一家。事業に失敗した父ギテク、妻チュンスク、大学受験に失敗した長男ギウ、美大に進学したい長女のギジョンの4人は、なんとか内職で食いつないでいる。そんなある日、ギウは友人の紹介で、高台に住む裕福なパク一家の娘の家庭教師の仕事を得る。さらにギウは、パク一家の末っ子のダソンの家庭教師として、妹のギジョンを兄妹である事を隠して紹介する。こうして次々にパク一家に“パラサイト(寄生)”していくキム一家だが…。

「パラサイト 半地下の家族」の解説

『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物-』などの作品で日本にもファンが多く、国際的にも高い評価を得ている韓国の映画監督ポン・ジュノ。本作は2019年のカンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞、韓国で公開されると1000万人を動員する大ヒットとなった。社会から落ちこぼれて半地下に暮らす一家が、丘の上の高級住宅に住む一家から仕事を得た事で、思わぬ事態が起きていく。ひとつの映画の中で、サスペンス、ドラマ、コメディといったジャンルがめまぐるしく変わり、なんとも言えぬ味わいを生み出していく。これといった悪人がいるわけでもないのに、社会の歪みが事態をとてつもない方向に転がしていくのだ。笑ってハラハラしながらも、日本でも問題になっている貧富の格差をどうしても考えてしまう、エンタメ社会派映画といえよう。第92回アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞受賞。

パラサイト 半地下の家族のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年1月10日
キャスト 監督ポン・ジュノ
出演ソン・ガンホ イ・ソンギュン チョ・ヨジョン チェ・ウシク パク・ソダム イ・ジョンウン チャン・ヘジン
配給 ビターズ・エンド
制作国 韓国(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 132分
公式サイト http://www.parasite-mv.jp/

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

ポン・ジュノ監督作品を見る

パラサイト 半地下の家族

殺人の追憶(字幕版)

※2020年2月18日時点の情報です。

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.14点★★★☆、45件の投稿があります。

P.N.「かはづ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-03-17

奇想天外な筋書きには引力がある。だがアカデミー賞受賞作品として期待したほどのできではない。喜劇仕立てではないのだから、奇想天外ながらも現実感が伴わないと深く響いてはこない。後半の血みどろのどたばたは韓国映画の面目躍如で見せ場ということだろうが、私的には面白くもなんともない。ひたすら暗澹として一条の光明も見えない感じ。それは知らざる韓国社会の現実に近いのかもとも。

最終更新日:2020-04-06 00:01:03

広告を非表示にするには