ヒキタさん! ご懐妊ですよ 作品情報

ひきたさんごかいにんですよ

男45歳、妻と二人三脚で不妊治療に挑む!

ヒキタさん! ご懐妊ですよのイメージ画像1

49歳の作家・ヒキタクニオはふた回り年下の愛妻・サチと仲良く暮らしていた。子どもを持つつもりはなかったが、サチの「ヒキタさんの子供に会いたい」という言葉をきっかけに、妊活を始める事に。タイミング法を続けても妊娠しなかったため精子検査をしたところ、実はヒキタの精子の運動率が20%しかない事が判明。ヒキタは精子の運動率を上げるため、涙ぐましい努力を続ける。何度もの人工受精の後、顕微受精にチャレンジする事となり…。

「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」の解説

「凶気の桜」などで知られる作家・ヒキタクニオ。彼が自身の男性不妊治療について記したドキュメント『「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」男45歳・不妊治療はじめました』を細川徹の監督・脚本で映画化した本作。名バイプレイヤーとして知られる松重豊が映画初主演を務め、不妊治療に励む作家・ヒキタクニオを演じている。彼の年下妻を演じるのは、北川景子。お互いに尊重しあい、助け合いながら二人三脚で不妊治療に挑む夫婦の姿を、ごく自然に、魅力的に演じている。不妊治療の大変さや辛さという深刻なテーマだが、その演出はユーモラスでクスリと笑わせ、泣かせてくれる。赤ちゃんが無事に生まれてくる“奇跡”を感じさせてくれる感動作。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年10月4日
キャスト 監督・脚本細川徹
原作ヒキタクニオ
出演松重豊 北川景子 山中崇 濱田岳 伊東四朗
配給 東急レクリエーション
制作国 日本(2019)
上映時間 102分
公式サイト https://hikitasan-gokainin.com/

(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

原作書籍を読む

ヒキタさん! ご懐妊ですよ

ヒキタさん! ご懐妊ですよ (光文社文庫)

※2019年10月16日時点の情報です。

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「スッヒン」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-10-05

感動的な話だが、子供が欲しいという動機が弱すぎて、夫婦の必死さに感情移入出来ないままだった。ラストも無事ご懐妊で終わったが、サチが無事出産できたかが気になる。せめてエンディングロールに親子3人の写真を映し出してほしかった。妊活の実態?を知るには良かった。故郷の桜もキレイだった。

最終更新日:2019-10-19 00:01:02

広告を非表示にするには