命みじかし、恋せよ乙女 作品情報

いのちみじかしこいせよおとめ

樹木希林、世界デビュー&遺作

命みじかし、恋せよ乙女のイメージ画像1
命みじかし、恋せよ乙女のイメージ画像2

ドイツ・ミュンヘンで一人暮らしをする男性カール。酒に溺れた彼は、仕事を失い、妻は幼い娘を連れ家を出てしまった。孤独に苦しみ、泥酔の末に“モノノケ”を見るようになるカール。そんなある日、彼の元を日本人女性のユウが訪れる。ユウは10年前に東京を訪れていたカールの父親ルディと親交があり、今は亡きルディの墓と生前の家を見に来たのだと言う。しぶしぶ彼女に付き合うカールは、次第にユウに惹かれていく。二人は人生を見つめなおすため、ユウの祖母に会いに日本へ向かうが…。

「命みじかし、恋せよ乙女」の解説

樹木希林の世界デビュー作であり、女優として最後の出演作となったドイツ映画。ドイツ人監督ドーリス・デリエによる本作の主演を務めるのは、ドイツ人俳優ゴロ・オイラーと、日本人ダンサーの入月絢。酒に溺れ人生を見失ったドイツ人男性カールと、かつて彼の父と親交があった日本人女性ユウが、人生を取り戻すために共に旅をする物語。樹木希林は、二人が訪れる茅ヶ崎館の女将役を演じている。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年8月16日
キャスト 監督ドーリス・デリエ
出演ゴロ・オイラー 入月絢 樹木希林
配給 ギャガ
制作国 ドイツ(2019)
上映時間 116分
公式サイト https://gaga.ne.jp/ino-koi/

(C)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「命みじかし、恋せよ乙女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-22 00:31:39

広告を非表示にするには