コンプリシティ 優しい共犯 作品情報

こんぷりしてぃやさしいきょうはん

孤独な中国人青年と不器用な蕎麦職人の、絆と嘘

コンプリシティ 優しい共犯のイメージ画像1

中国から技能実習生として来日したものの劣悪な職場環境にガマンできず不法滞在者となった中国人青年チェン・リャン。故郷に残した母と祖母に真実を告げられず、斡旋されるまま窃盗に手を染めていた。そんな折、ひょんなことから彼は他人になりすまし、山形の小さな蕎麦屋での働き口を見つける。口数は少ないが誠実そうな蕎麦屋の主人・弘は、どこか心に孤独を抱えているようだ。そんな弘に父を重ねるチェン・リャン……。

「コンプリシティ 優しい共犯」の解説

トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映され、続いて釜山、ベルリンといった名だたる映画祭への正式出品。さらには昨年の「東京フィルメックス」で観客賞を受賞するなど、順調に評価を高めていった本作。近年、社会問題として取り上げられることが多い技能実習生制度、不法滞在外国人問題などを背景にしながら、異国の地で逆境に耐えもがきながら生きていくひとりの若者の成長を描いた普遍的な青春物語だ。監督は短編映画『SIGNATURE』が第70回ロカルノ国際映画祭ほかで高い評価を受けた近浦啓。哀しみを訴えるような眼差しが魅力の中国人実力派俳優ルー・ユーライの演技もさることながら、名優・藤竜也の唯一無二の存在感に圧倒される。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年1月17日
キャスト 監督・脚本・編集近浦啓
出演ルー・ユーライ 藤竜也 赤坂沙世 松本紀保
配給 クロックワークス
制作国 日本=中国(2018)
上映時間 116分
公式サイト https://complicity.movie/

(C)2018 CREATPS/MYSTIGRI PICTURES

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「コンプリシティ 優しい共犯」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-22 00:01:08

広告を非表示にするには