ふたりの女王 メアリーとエリザベス 作品情報

ふたりのじょおうめありーとえりざべす

激動の16世紀英国を生きる二人の女王

ふたりの女王 メアリーとエリザベスのイメージ画像1
ふたりの女王 メアリーとエリザベスのイメージ画像2

16歳でフランス王妃となり、18歳で未亡人となったメアリーは、スコットランドで再び王位につく。しかし当時のスコットランドは、女王エリザベスI世の支配下にあった。メアリーは自身のイングランド王位継承権を主張、エリザベスの権力を脅かす。恋愛、結婚を経験し、気高く美しいメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。それぞれの宮廷内部で起こる裏切り、反乱、陰謀がふたりの王位を危険にさらし、歴史の流れを変えてゆく。お互いに従姉妹を恐れ、同時に魅惑されていた若き女王たちは、男性社会の中で政治を司る女性として戦うのだった…。

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の解説

スコットランド女王メアリー・スチュアートと、イングランド女王エリザベスI世の波乱に満ちた人生を描く。メアリーを『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、エリザベスを『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーが演じる。メガホンをとるのは、舞台演出を数多く手がけてきたジョージー・ルーク。本作で長編映画監督デビューを果たした。(作品資料より)

ふたりの女王 メアリーとエリザベスのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年3月15日
キャスト 監督ジョージー・ルーク
出演シアーシャ・ローナン マーゴット・ロビー ジャック・ロウデン ジョー・アルウィン ジェマ・チャン マーティン・コムストン
配給 ビターズ・エンド
制作国 イギリス(2018)
上映時間 124分
公式サイト http://www.2queens.jp/

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2019-03-16

時代の「色」を表現したビジュアルは良かった。それに見合った、主人公メアリー(二人の女王が主人公ではない)の、人間的魅力は、ほとんど描かれていない。メアリーを「勝者」エリとして描きたかったようだが、そのための大胆な脚色は無い。史実だけを見たら、おそらく、エリザベスのほうがメアリーより、統治者として優れている、と考える人が多いはず。そこをメアリーに対する思い入れからか、ぼかしてしまったようで、生身の彼女の人間味が、伝わらなくなってしまった。


レビューを投稿する

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-22 20:00:17

広告を非表示にするには