22年目の記憶 作品情報

にじゅうにねんめのきおく

幻の南北首脳会談の裏に、1人の男の存在があった…

22年目の記憶のイメージ画像1
22年目の記憶のイメージ画像2

1972年、韓国と北朝鮮との間で南北共同声明が発表される。統一ムードが高まる中、初の南北首脳会談に向け、韓国では北朝鮮の最高指導者・金日成の代役オーディションが秘密裏に行われた。オーディションに受かった売れない役者ソングンは、いつしか自分を金日成だと信じ込んでしまう…。22年後の1994年、ある理由からそんなソングンと、彼に振り回されてきた息子テシクの同居生活が始まる。

「22年目の記憶」の解説

韓国と北朝鮮の南北首脳会談のリハーサルが行われたという記事から着想を得て描かれる、父と息子の22年に渡る物語。主人公・ソングン役を演じるのは『1987、ある闘いの真実』『殺人者の記憶法』のソル・ギョング。息子・テシクを『天命の城』のパク・ヘイルが演じる。監督・脚本は、『ヨコヅナ・マドンナ』『彼とわたしの漂流日記』など、独創的な設定と演出力で知られるイ・ヘジュン。(作品資料より)

22年目の記憶のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月5日
キャスト 監督イ・へジュン
出演ソル・ギョング パク・ヘイル ユン・ジェムン イ・ビョンジュン リュ・へヨン
配給 ファインフィルムズ
制作国 韓国(2014)
備考 シネマート新宿ほかにて
公式サイト http://www.finefilms.co.jp/22nenme/

(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「22年目の記憶」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-16 00:12:45

広告を非表示にするには