22年目の記憶 作品情報

にじゅうにねんめのきおく

名優ソル・ギョングが、北の独裁者になりきる?

22年目の記憶のイメージ画像1
22年目の記憶のイメージ画像2

1972年、韓国と北朝鮮との間で南北共同声明が発表される。にわかに統一ムードが高まる中、初の南北首脳会談に向けて韓国では、北朝鮮の最高指導者・金日成の代役オーディションが秘密裏に行われた。オーディションに受かった売れない役者のソングンは次第に役にのめり込み、いつしか自分を金日成だと信じ込んでしまう。そして、幼い息子テシクが「パパじゃないみたい」と呟くほどの変貌を見せるように。22年後の1994年、ある理由から老人ホームで暮らすソングンをテシクが迎えに来る…。

「22年目の記憶」の解説

韓国と北朝鮮の、初の南北首脳会談時にリハーサルが行なわれた、という記事に着想を得て制作された本作は、金日成の代役オーディションに合格しいつしか自分を金日成だと信じ込んでしまった売れない役者ソングンと、彼に振り回される息子テシクの22年にわたる物語。近作『殺人者の記憶法』など変幻自在でカメレオン俳優との異名をとり、演技力だけでなく興行力をも兼ね備えた韓国を代表する俳優ソル・ギョングが、「金日成になりきった男」をどう演じるのか注目して観てほしい。息子テシク役で共演するのは、これまた演技派として評価の高い『天命の城』『神弓-KAMIYUMI』などのパク・ヘイル。演技派二人が見せる、唯一無二の親子の愛憎と絆を感じさせる一作。

22年目の記憶のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月5日
キャスト 監督イ・へジュン
出演ソル・ギョング パク・ヘイル ユン・ジェムン イ・ビョンジュン リュ・へヨン
配給 ファインフィルムズ
制作国 韓国(2014)
上映時間 128分
公式サイト http://www.finefilms.co.jp/22nenme/

(C)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「22年目の記憶」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-08 13:22:51

広告を非表示にするには