バスキア、10代最後のとき 作品情報

ばすきあ10だいさいごのとき

80年代を駆け抜けた天才アーティストの秘密

バスキア、10代最後のときのイメージ画像1
バスキア、10代最後のときのイメージ画像2

1978年、財政が悪化したニューヨークは暴力と犯罪に溢れていた。イーストヴィレッジで路上生活をする18歳のジャン=ミシェル・バスキアは、好奇心の赴くままに詩やアートを生み出し、バンドを組んでクラブで演奏もしていた。無法の大都会にはアート、音楽、ファッション、文学を志す多彩な面々が集まり、互いに触発しながら新たな時代を築こうとしていた。当時を知る人々が貴重な映像と共にバスキアとの日々を振り返る。

「バスキア、10代最後のとき」の解説

アンディ・ウォーホールやデヴィッド・ボウイをも魅了したジャン=ミシェル・バスキアが27歳でこの世を去ってから30年、グラフィティ・アートだけでなく、多才な10代の若者だった頃の彼に焦点を当てた異色のドキュメンタリーが本作だ。元ガールフレンドの生物学者アレクシス・アドラーが個人的に所蔵していた未公開の作品や写真をベースに、映画監督のジム・ジャームッシュや、『プラダを着た悪魔』の衣装を手がけたパトリシア・フィールドらの証言で編み上げたのは、『豚が飛ぶとき』の監督サラ・ドライバー。ドラッグが蔓延し荒んではいたものの、クリエイティブな活力に満ちていた時代のニューヨークの姿も同時に描かれる。

バスキア、10代最後のときのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年12月22日
キャスト 監督サラ・ドライバー
出演ジャン=ミシェル・バスキア アレクシス・アドラー フレッド・ブラズウェイト ファイブ・5・フレディ リー・キュノネス ジム・ジャームッシュ パトリシア・フィールド
配給 セテラ・インターナショナル
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 79分
公式サイト http://www.cetera.co.jp/basquiat/

(C)2017 Hells Kitten Productions, LLC. All rights reserved. LICENSED by The Match Factory 2018 ALL RIGHTS RESERVED Licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Photo by Bobby Grossman

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「バスキア、10代最後のとき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-22 13:22:39

広告を非表示にするには