ヘレディタリー/継承 作品情報

へれでぃたりーけいしょう

ホラーの常識を覆した家族の継承の物語

ヘレディタリー/継承のイメージ画像1
ヘレディタリー/継承のイメージ画像2

グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニーは夫・スティーブン、高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーと共に家族を亡くした哀しみを乗り越えようとする。やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする。そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。

「ヘレディタリー/継承」の解説

今年のサンダンス映画祭で「ホラーの常識を覆した最高傑作」と批評家から最高の評価を受け全米を震撼させたホラー映画。製作は昨年アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』を生み、『レディ・バード』など次々に話題作を発表している最注目の映画スタジオ A24。監督・脚本を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。スクリーンをよぎる光、真夜中に見る夢。天才的な発想と演出で、すべてのシーンがラストへの恐怖の伏線となる計算し尽された脚本と異常なまでの完成度は、ホラー映画の新たな到達点となった。主演は『シックス・センス』のトニ・コレット。鬼気迫る怪演で来年のオスカー主演女優賞のノミネートが確実視されている。

ヘレディタリー/継承のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年11月30日
キャスト 監督・脚本アリ・アスター
出演トニ・コレット ガブリエル・バーン アレックス・ウォルフ ミリー・シャピロ アン・ダウド
配給 ファントム・フィルム
制作国 アメリカ(2018)
年齢制限 PG-12
上映時間 127分
公式サイト http://hereditary-movie.jp/

(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「r」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-12-06

「怖いけど傑作」という触れ込みだったので意を決して観ましたが、私には怖いだけでした(涙)
おもしろくないわけじゃないけど…。
夢に見ないように、帰り道は『グレイテスト・ショーマン』のサントラ聴いて帰ります。


レビューを投稿する

「ヘレディタリー/継承」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-10 16:00:04

広告を非表示にするには