いつも月夜に米の飯 作品情報

いつもつきよにこめのめし

女子高生が居酒屋の女将になって奮闘

いつも月夜に米の飯のイメージ画像1
いつも月夜に米の飯のイメージ画像2

女子高生の千代里は、新潟で居酒屋を営む母・麗子のもとを離れ、東京の高校に通っている。夏休みが近づいたある日、麗子が突然失踪したとの連絡を受け新潟に帰郷、なんとか店を守ろうとしている料理人のアサダと出会う。女手ひとつで千代里を育ててきた麗子は昔から男癖が悪く、千代里はそんな母に辟易していた。彼女はそのまま女将として居酒屋で働く事になるが、個性豊かな地元の客たちを相手にするうち、徐々に心を開いていく。

「いつも月夜に米の飯」の解説

『おんなのこきらい』の加藤綾佳監督が、「non-no」のモデルとして知られ『最低。』で本格的に女優業をスタートさせた山田愛奈を主演に迎えた本作。居酒屋を営む母親が失踪し、代わりに店で働く事となった女子高生が、残された料理人と店を切り盛りしていく。ヒロインが常連客との交流や、親子の確執、恋愛を通して成長していく姿を描いている。加藤綾佳監督と山田愛奈の出身地である新潟県でオールロケを敢行。居酒屋が舞台だけに、新潟ならではの米やお酒のネタが満載なのがみどころ。料理を作ったり食べたりするシーンから、地元への愛が感じられる。共演は、ヒロインと生活をともにする料理人アサダ役に和田聰宏、母親役に高橋由美子、幼なじみ役に渡辺佑太朗。

いつも月夜に米の飯のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年9月8日
キャスト 監督・脚本・編集加藤綾佳
出演山田愛奈 和田聰宏 高橋由美子 渡辺佑太朗 春花 MEGUMI 西山宏幸 森下能幸 マッスル坂井
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
制作国 日本(2018)
年齢制限 PG-12
上映時間 104分
公式サイト http://itsukome.com/

(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「いつも月夜に米の飯」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-10 09:24:53

広告を非表示にするには