バケツと僕! 作品情報

ばけつとぼく

神さま先生とバケツ、ハートフルな友情物語

バケツと僕!のイメージ画像1
バケツと僕!のイメージ画像2

会社を辞めて養護施設で働き始めた神島大吾は、そこでバケツと呼ばれている15歳の少年と出会う。軽度の知的障害のある彼は、母親から虐待を受けており施設にやって来たのだ。彼には盗癖があり、施設の教師たちから財布を盗んでは、大好きなコンビニのおにぎりを買っていた。やがてその盗癖のせいで、施設からも追い出されることになる。神島は、大学時代の先輩の黒田が運営している劇団の稽古場にバケツとともに転がり込み、一緒に暮らし始めるのだが…。

「バケツと僕!」の解説

「無敵のハンディキャップ」で第20回講談社ノンフィクション賞を受賞した北島行徳。彼の小説「バケツ」を長年フリーランスの助監督として活躍してきた石田和彦監督が映画化した本作。大企業を辞めて養護施設で働き始めた気弱な青年と、愛を知らない知的障害を持つ少年の不器用な交流を、ハートフルに描いている。主人公の“神さま先生”こと神島大吾を演じるのは、シンガーソングライターの紘毅。そして知的障害を持つ少年・バケツを演歌歌手の徳永ゆうきが演じている。原作者にも「バケツそっくり」と太鼓判を押された彼は、ネグレクトされた愛を知らない知的障害者という難しい役柄に果敢に挑み、好演を見せている。

バケツと僕!のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年3月3日
キャスト 監督石田和彦
原作北島行徳
出演紘毅 徳永ゆうき 岡本玲 竹島由夏 二木てるみ 渡辺梓 ダチョウ倶楽部 海原はるか・かなた 杉田かおる
配給 彩プロ
制作国 日本(2017)
上映時間 106分
公式サイト http://baketsu.ayapro.ne.jp/

(C)映画『バケツと僕!』製作委員会

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「バケツと僕!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-05 00:01:01

広告を非表示にするには