きらきら眼鏡 作品情報

きらきらめがね

出会って別れ、見上げた空の美しさ

きらきら眼鏡のイメージ画像1
きらきら眼鏡のイメージ画像2

駅係員として働く立花明海は日々淡々と仕事をこなし、空いた時間には静かに本を読んで過ごしている。同僚とも学生時代の友人とも深く関わる事はない。ある日、古書店で見つけた本「死を輝かせる生き方」をきっかけに大滝あかねという女性に出会い、周りのすべてに輝きを見出す彼女のお喋りと笑顔に心惹かれてゆく。しかし、恋人と死別した過去に捕らわれている明海と同じように、あかねも辛く悲しい現実を抱えていた。

「きらきら眼鏡」の解説

大切な誰かを失う。その喪失感と罪悪感に人は打ちのめされる。それでも残された者は生きて行かなければならない。恋人に“感動の天才”と言わしめるヒロインは、見るものすべてを輝かせるきらきら眼鏡をかけて、止まる事なく流れてゆく時間を懸命に生きて行く。原作は『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など映像化作品多数の森沢明夫の同名小説。原作者自ら映画化をオファーした『つむぐもの』の犬童一利監督がメガホンをとった。主演はワークショップを経て大抜擢された新人の金井浩人と、『そこのみにて光り輝く』の演技派・池脇千鶴。物語の舞台である船橋市民が製作に参加している。第21回上海国際映画祭正式出品作品。

きらきら眼鏡のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年9月15日
キャスト 監督犬童一利
原作森沢明夫
出演金井浩人 池脇千鶴 古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良 安藤政信
配給 S・D・P
制作国 日本(2018)
上映時間 121分
公式サイト https://kirakiramegane.com/movie/

(C)森沢明夫/双葉社 (C)2017「きらきら眼鏡」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「きらきら眼鏡」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-21 00:13:43

広告を非表示にするには