志乃ちゃんは自分の名前が言えない 作品情報

しのちゃんはじぶんのなまえがいえない

10代のリアルな苦悩や葛藤に共鳴

志乃ちゃんは自分の名前が言えないのイメージ画像1
志乃ちゃんは自分の名前が言えないのイメージ画像2

高校一年生の新学期。上手く会話ができず自己紹介すら上手く言えない大島志乃は、皆の笑いものになってしまう。そんな志乃は、音楽が大好きな同級生の岡崎加代と仲良くなり、一緒に時間を過ごすように。コンプレックスから周囲と距離を置き卑屈になっていた志乃だが、加代にバンドを組もうと誘われて、少しずつ変わっていく。やがて、志乃をからかった同級生の男子・菊地が強引にバンドに加入する事になるが…。

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の解説

周囲に溶け込めない女子高校生と、音楽好きな同級生の交流を軸に、彼女たちの葛藤や苦悩を映し出した本作は、映画『スイートプールサイド』、テレビアニメ「惡の華」などの原作者として知られる押見修造の実体験を基にしたコミックが原作。『幼な子われらに生まれ』などの南沙良と『三度目の殺人』などの蒔田彩珠がダブル主演。共に15歳の新星だ。それぞれが悩みを乗り越えようとするさまを、リアルに、等身大に表現している。本作で長編商業映画デビューを果たしたのは、乃木坂46のミュージックビデオなどを手掛けてきた湯浅弘章監督。10代の頃にだけ存在した感情、その危うさを丁寧に掬い取ったストーリーには、一種の懐かしさを覚える。

志乃ちゃんは自分の名前が言えないのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年7月14日
キャスト 監督湯浅弘章
原作押見修造
出演南沙良 蒔田彩珠 萩原利久 小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 蒼波純 渡辺哲 山田キヌヲ 奥貫薫
配給 ビターズ・エンド
制作国 日本(2018)
上映時間 110分

(C)押見修造/太田出版 (C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「綺麗だな~」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-05-18

沼津。

こんな高校に通いたかった…

ってくらい映像は良かったけどストーリーに真新しい物を感じなくありきたりでせめて吃音の少女の歌声が上手くないと…普通(笑)、ギターは酷い。
音痴の子がラストにましになったのと志乃ちゃんの鼻水に星1つ

最後の「ありがとう」で満足です。

最終更新日:2020-10-26 13:26:05

広告を非表示にするには