空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎<日本語吹替版> 作品情報

くうかいうつくしきおうひのなぞ

楊貴妃の死の謎を追う、若き空海と白楽天

空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎<日本語吹替版>のイメージ画像1
空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎<日本語吹替版>のイメージ画像2

唐にやって来た若き日本の僧・空海は、長安の都で権力者たちが次々と不審な死を遂げていることを知る。楊貴妃と皇帝の愛をうたった詩を作っている若き詩人の白楽天は、空海と出会い、友情を深めていった。その頃、陳雲樵という役人が妖しい黒猫に狙われ、陳の妻やお気に入りの妓生たちが黒猫に取り憑かれてしまう。空海と白楽天は、その黒猫の狙いを探るうちかつて唐にやって来ていた日本人、阿倍仲麻呂の日記にその謎が隠されていることを知る。

「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎<日本語吹替版>」の解説

夢枕漠の原作小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を、『さらば、わが愛/覇王別姫』のチェン・カイコー監督が映画化した日中合同大作。804年に遣唐使の留学僧として唐に渡った空海が、後に白居易という名で「長恨歌」を発表する詩人の白楽天と共に、楊貴妃の死の謎に迫る物語だ。呪いの黒猫や幻術、秘法なども登場し、伝奇アドベンチャーという趣も。東京ドーム8個分にも及ぶ敷地に約6年という歳月をかけて作り上げた広大なセットや美しい衣装など、細部にまで監督のこだわりが感じられる作りになっている。空海を演じる染谷将太や阿倍仲麻呂を演じる阿部寛らは中国語で演じているが、日本公開は日本語吹替版のみ。白楽天の声を高橋一生が、楊貴妃の声を吉田羊が演じている。

空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎<日本語吹替版>のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年2月24日
キャスト 監督チェン・カイコー
原作夢枕獏
出演染谷将太 ホアン・シュアン チャン・ロン・ロン 火野正平 松坂慶子 阿部寛
声の出演(日本語吹替版)高橋一生 吉田羊 イッセー尾形 六角精児
配給 東宝、KADOKAWA
制作国 中国=日本(2017)
上映時間 131分
公式サイト http://ku-kai-movie.jp/

(C)2017 New Classic Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures Shengkai Film

ユーザーレビュー

総合評価:3.68点★★★☆、20件の投稿があります。

P.N.「美」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-03-29

私は感動しました。染谷さん演じる空海の何となくお茶目なところとか、白楽天の情熱、楊貴妃の美しさ、街並みの興味深さ、宴の華やかさ。。少し怖くも感じましたが特に女性でもほれぼれとした楊貴妃の美しさ、それゆえの悲しみも感じました。映画館で見る楽しさを思い出しました。好き嫌いはあるでしょうが、私は中国の監督の映画作りに感動しました。


レビューを投稿する

「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎<日本語吹替版>」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-23 00:01:22

広告を非表示にするには