うさぎ追いし -山極勝三郎物語- 作品情報

うさぎおいしやまぎわかつさぶろう

癌研究に人生を捧げたひとりの男の生きざま

うさぎ追いし -山極勝三郎物語-のイメージ画像1
うさぎ追いし -山極勝三郎物語-のイメージ画像2

明治初期。上田潘の下級武士の家系に生まれた勝三郎は、町医者の山極吉哉の後を継ぐため16歳で長野から上京し、東京大学の医科に入学する。のちに婿養子に入った妻かね子との間には、3人の子供を授かる。東京大学で病理学を学び、32歳で教授に昇進。幸せの絶頂だった勝三郎を結核が襲う。しかし、病を患いながらも「ガンを作ることができれば、ガンは治せる」という仮説のもと、人工ガンを作る実験を繰り返していくのだった。

「うさぎ追いし -山極勝三郎物語-」の解説

「ガンが作れればガンは治せる」という考えから、世界初の人工ガンの発生実験に成功した実在の病理学者・山極勝三郎氏の生涯に迫る伝記ドラマ。結核を患いながら人工ガンの研究にまい進した山極氏の功績と、家族愛や友情、師弟愛、長野県に寄せる郷土愛を映し出す。山極勝三郎を演じるのは、数々の映画・ドラマに引っ張りだこのベテラン俳優、遠藤憲一。その妻・かね子を水野真紀が演じている。また、よき理解者であった親友を豊原功補が好演。山極氏の業績を丁寧に描き出したのは、『エクレール~お菓子放浪記』『ふみ子の海』の近藤明男監督。映画の約8割のシーンを長野県上田市で撮影しており、現地の支援、協力によって製作されたという。

うさぎ追いし -山極勝三郎物語-のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年12月17日
キャスト 監督近藤明男
出演遠藤憲一 水野真紀 豊原功補 岡部尚 高橋惠子 北大路欣也 横光克彦 緒方美穂 尾崎右宗 秋月成美 森日菜美 古今亭文菊 白川和子 三上寛
配給 新日本映画社
制作国 日本(2016)
上映時間 111分

(C)2016「うさぎ追いし-山極勝三郎物語-」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「sige」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-02-23

うさぎ追いし-山極勝三郎物語難しい単なる伝記ではなくて、人間味もきちんと描かれていて長野の風景と流れてくる音楽ともマッチしていて、最近の観た映画の中で、ひと味違い心に残りました。東京、関東で他の上映館がもっとあると嬉しいです。

最終更新日:2019-11-12 15:21:14

広告を非表示にするには