ほんだら剣法 作品情報

ほんだらけんぽう

野村胡堂原作“磯川兵助功名噺”を映画化

仙台伊達藩に、磯川兵助という若侍がいた。馬廻りで百二十石、お人好しでバカ正直な彼は、いつも藩内の笑い者だったが二メートルにおよぶ大太刀を振り廻す“ほんだら剣法”だけは、めっぽう強い男だった。さて、藩祖正宗公が青葉城を開いて二百三十年、これを記念した武芸大会が開かれた。この日、兵助は腕におぼえの“ほんだら剣法”で、藩主陸奥守をやつけてしまった。あわてたのは指南番安田新左衛門だったが、後見人の泉修里からは、逆にみどころのある男とほめられ、見合いの話まで持ち出される始末。しかし兵助はかねてより修里の娘、津絵のことをにくからずおもっていた。その頃、兵助は首吊り自殺寸前の娘を助けた。彼女はお袖といい、伊達藩に潜入していた公儀の隠密、小畑伊十郎にすてられたというのだった。正義漢兵助はすててはおけず、彼女のめんどうをみることにした。ところがこれを知ったのが近習頭心得の黒崎栄太郎である。

「ほんだら剣法」の解説

野村胡堂原作“磯川兵助功名噺”を、「大冒険」の笠原良三が脚色、「座頭市逆手切り」の森一生が監督した喜劇。撮影はコンビの今井ひろし。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演犬塚弘 藤田まこと ハナ肇 本郷功次郎
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ほんだら剣法」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:15:11

広告を非表示にするには