酔っぱらい天国 作品情報

よっぱらいてんごく

渋谷実が監督した社会風刺ドラマ

日本鋼材の会計課長渥美耕三は十年前に妻を亡くし、一人息子の史郎との二人暮し。二人とも大変な大酒のみである。耕三は近所に住む長谷川きみが、夫の清の酒のことで相談にくると、「酒は静かにのむべきだ」と説教するが、彼自身はのむとがらりと人が変ってしまう。先日も、のみ友達であるトップ屋くずれの小池と二人で泥酔、酔っぱらい保護センターに保護される仕末だ。ある日、史郎は突然結婚すると言い出した。相手は看護婦をしている桜井規子だと言う。史郎はどうしても結婚したいため赤ん坊ができていると嘘まで言った。その一言に耕三は渋々、規子に会った。喜んだ史郎は友人の森山とのみ歩いた。森山はバー、ベンハーの女給節子に惚れていた。然し、節子はたまたまのみに来ていた東京ファイターズのエース片岡の側を離れない。面白くない森山は、些細なことから片岡と喧嘩を始めた。とめに入った史郎は、片岡のバットに撲られて病院にかつぎこまれた。

「酔っぱらい天国」の解説

「二人の息子」の松山善三のオリジナル・シナリオを「好人好日」の渋谷実が監督した社会風刺ドラマ。撮影も「好人好日」のコンビ長岡博之。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渋谷実
出演笠智衆 石浜朗 倍賞千恵子 津川雅彦
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「酔っぱらい天国」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-17 20:00:28

広告を非表示にするには