アシュラ 作品情報

あしゅら

生きるために人を喰う、ひとりぼっちの少年

アシュラのイメージ画像1
アシュラのイメージ画像2

1400年代半ば、洪水や干ばつによって飢饉となり、人々は餓え苦しんでいた。ある女性が赤ん坊を産み落とすが、空腹のあまり赤ん坊を食べようと牙をむく。その赤ん坊はなんとか生き残るが、言葉も知らず名前もないまま、人を襲って人肉を食い、野獣のように生きていた。彼はある旅の法師と出会い、アシュラと名付けられた。アシュラは、初めて自分に優しくしてくれる若狭という少女と出会い、人間らしい感情を知るようになるが…。

「アシュラ」の解説

1970年に発表されるものの、子どもが生きるために人を殺し人肉を喰らうという過激な描写が賛否両論を巻き起こし、発禁処分となったジョージ秋山原作の漫画「アシュラ」。この作品が40数年の時を経て、アニメ映画となった。食べるために人を殺すアシュラ、アシュラを獣のように駆逐しようとする村人たち、天災による飢饉に追いつめられ人肉を食べ始める村人…という、“人間の業”が詰め込まれた作品となっている。アシュラの声を演じるのは野沢雅子。アシュラに名前を与える法師を演じる北大路欣也にも注目して欲しい。水彩画をCGによって動かすといった技術を用い、過激なテーマを現代人に突き付けてみせるのは「TIGER & BUNNY」のさとうけいいち監督。

アシュラのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年9月29日
キャスト 監督さとうけいいち
原作ジョージ秋山
脚本高橋郁子
声の出演野沢雅子 林原めぐみ 玄田哲章 平田広明 北大路欣也 島田敏 山像かおり 山口勝平 水島裕
配給 東映
制作国 日本(2012)
上映時間 75分

(C)ジョージ秋山/アシュラ製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アシュラ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:33

広告を非表示にするには