続大番 風雲篇 作品情報

ぞくおおばんふううんへん

獅子文六の週刊朝日連載小説を映画化「大番」続篇

折角儲けた大金も、株の大変動で一文なしになった丑之助は捲土重来を期して故郷に帰ってみたが、帰った家は株を当てた時の恩恵を受けて新築されており、逢う人々は何れも彼を出世者と敬ってくれるので、彼も満更でない気持だ。たちまち、宇和島築地の待合に通って梅香という芸者とねんごろになってしまった。故郷で七カ月を送った頃、おまきから百円の為替が送られてきた。兜町での丑之助の失敗のホトボリがさめたから帰ってこいというのだ。彼は、梅香をきっと東京に呼寄せると約束すると、新たな闘志を抱いて上京した。上京した彼の第一の仕事は、故郷の森家から託された青海苔を、今は有島伯爵に縁づいている可奈子に届けることである。可奈子は幼い日からの憧れ。丑之助にとって彼女は正に観音様であった。観音様と一緒になる訳に行かぬから、丑之助は一生独身で通すことを、その時決めたのである。

「続大番 風雲篇」の解説

原作は獅子文六の週刊朝日連載小説。前編と同じスタッフ・キャストによる「続大番 (風雲篇)」。脚色は「サラリーマン出世太閤記」の笠原良三。前篇以来の千葉泰樹が監督し、「憎いもの」の西垣六郎が撮影した。主演は「あらくれ(1957)」の加東大介、「智恵子抄(1957)」の原節子、太刀川洋一、青山京子、「裸の町」の淡島千景。ほかに中田康子、河津清三郎、三木のり平、仲代達失など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督千葉泰樹
出演加東大介 谷晃 沢村貞子 太刀川洋一 上野明美 淡島千景 青山京子
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続大番 風雲篇」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-15 00:01:04

広告を非表示にするには