少女たちの羅針盤 作品情報

しょうじょたちのらしんばん

伝説の女子高生劇団“羅針盤”に起きた事件の真相は?

廃墟となったホテルを貸し切り、ネットシネマの撮影が始まろうとしていた。ヒロインを演じる新進女優・舞利亜に、改訂されたはずのシナリオが届いていない。更に壁には不気味な落書きが。“殺したな。証拠は残っている”「誰かが自分を陥れようとしている?」それは4年前にさかのぼる。瑠美を中心に結成された伝説の女子高生劇団“羅針盤”に起きた殺人事件。その真相が明らかになる時がきた……。

「少女たちの羅針盤」の解説

水生大海の「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の第1回優秀作を、実力派監督・長崎俊一と、成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有のフレッシュなキャスト、福山市の全面的な協力を得て完全映画化。犯人が暴かれてゆく“現在”と4年前の青春のエネルギーのあふれる“過去”が交錯しながら進行していく。犯人の目線で次第に真実が浮き彫りになっていく緊張感あふれるミステリー。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年5月14日
キャスト 監督長崎俊一
原作水生大海
出演成海璃子 忽那汐里 森田彩華 草刈麻有 黒川智花 塩谷瞬 石井正則 水本諭 前田健 金山一彦 清水美沙 石黒賢 戸田菜穂
配給 クロックワークス、ゴー・シネマ
制作国 日本(2011)

(C)映画「少女たちの羅針盤」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「成海が好き」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-12-10

神童で成海璃子の演技に魅了されTvドラマ「瑠璃の島」をはじめ映画「書道カールズ」等24作品全て違う演技で愉しませてくれる成海璃子の最新作「少女たちの羅針盤」。内容等詳細は不明でも観るファンを魅了する作品になると思う。


レビューを投稿する

「少女たちの羅針盤」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:43:52

広告を非表示にするには