八日目の蝉 作品情報

ようかめのせみ

直木賞作家・角田光代の同名作を映画化

不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の子を出産したことを知る。「赤ちゃんを一目見たい、見たらけじめがつけられる…」夫婦の留守宅に忍び込み、ベビーベッドで泣いている赤ん坊を見た瞬間、希和子は思わず子供を抱えて家を飛び出していた。刹那的な逃亡を繰り返し、絶望と幸福感の中で疑似親子となった二人。しかし逃亡生活は、4年で終止符を打つ。……優しい母親だと思っていた人は、誘拐犯だった。4歳の少女の、血のつながった両親との普通の生活はこの事件によって一変する。誰にも心を許せず、両親とわだかまりを抱いたまま大学生になった秋山恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように、家庭を持つ男だった。幼い頃一緒にいた女友達に励まされ、自分の過去と向き合うために、かつて母と慕った人との逃亡生活を辿る恵理菜。最後の地、小豆島で恵理菜が見つけた衝撃の真実とは?

「八日目の蝉」の解説

直木賞作家・角田光代が手がけた初の長編サスペンスを映画化。恵理菜役には、『花より男子ファイナル』『僕の初恋をキミに捧ぐ』の井上真央。対する希和子役を、人気女優・永作博美が演じる。監督は『孤高のメス』の成島出。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月29日
キャスト 監督成島出
原作角田光代
出演井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子 田中哲司 市川実和子 平田満 劇団ひとり 余貴美子 田中泯 風吹ジュン
配給 松竹
制作国 日本(2011)

(C)2011「八日目の蝉」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.21点★★★★☆、24件の投稿があります。

P.N.「カサブランカ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2012-06-24

小池栄子さんはよかったんですが、劇団ひとりがイマイチ…残念ですねえ。あと、最後の終わり方がブチって切れたのがちょっと物足りなく感じてしまったのは、、私だけでしょうか…<DVDでしたが>

最終更新日:2019-05-20 13:16:38

広告を非表示にするには