ザ・タウン 作品情報

ざたうん

その街で生きるか、その街を捨てるか…

ザ・タウンのイメージ画像1

親から子へ家業のように犯罪が受け継がれる街チャールズタウン。一度はアイスホッケー選手として将来を嘱望されたダグも今では銀行強盗団を率い、その完璧な仕事ぶりで警察を翻弄していた。ところが、ある日の銀行襲撃で支店長のクレアを図らずも人質にとったことから、“タウン”の外で生きる人生を再び思い描くようになる。その行く手をFBIや“タウン”の元締めファーギー、さらには長年の相棒ジェムが阻むのだった。

「ザ・タウン」の解説

ボストンの一角にある強盗犯罪多発地区を舞台に、彼の地をこよなく愛すベン・アフレックがメガホンをとった監督第二作である。初監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』に続いてタッグを組むアーロン・ストッカードと共同脚本も手がけ、地元でのロケーションやエキストラ起用など徹底的にリアルな街を描くことで、緊張感みなぎるクライム・ドラマを完成させた。過去の失敗やしがらみに決別し、生き方を変えようとする主人公ダグをアフレック自身が、凶暴な親友ジェムを『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが好演。花屋を隠れ蓑に“タウン”を仕切る黒幕ファーギー役の名優ピート・ポスルスウェイトにとってはこれが遺作となった。

ザ・タウンのイメージ画像3
ザ・タウンのイメージ画像4

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年2月5日
キャスト 監督・出演ベン・アフレック
出演ジェレミー・レナー レベッカ・ホール ジョン・ハム ブレイク・ライブリー タイタス・ウェリバー ピート・ポスルスウェイト クリス・クーパー
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2010)
年齢制限 PG-12
上映時間 125分

(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.43点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-15

本編の前のベン・アフレック監督処女作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も同じくボストンが舞台。児童誘拐事件を廻る家族の物語として,正義は愛情に在るか法に在るかを問う…

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには